薩隅の戦国お菓子 いこもち

2016年09月07日 10:52

158 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/09/06(火) 21:25:26.92 ID:DA/6suIj
薩隅の戦国お菓子 いこもち

“いこもち”は鹿児島の祝い菓子のひとつ。“いこもち”は漢字では「煎粉餅」と書き、餅米を炒った後、
粉に挽いた物に砂糖湯を加え、お餅状に仕上げた菓子です。
昔は黒糖で作っていましたが、現在は白砂糖を使った白いいこもちが多いです。

“いこもち”にはこんな話があります。
天文十八年(1549年)鹿児島に上陸したフランシスコ・ザビエルは、その翌年に平戸から船で出発し、
京都へのぼった。
その途中、夜盗に襲われ持ち物を奪われてしまい非常に難儀をした。
このとき同行していた鹿児島出身の青年ベルナルドが、腰にさげた袋に入れていた米粉で
いこもちを作って一行の飢えをしのいだといわれています。

穀物を煎った粉は虫がつかず、長く保存がきく。また携帯に便利なことから、焼米や糒などと同様に
携帯食として重宝されていました。
(かごしま文庫 鹿児島の伝統製法食品)



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    煎粉餅大好き。両親の実家に帰るたび、北薩と鹿児島周辺での微妙な味の違いを楽しんでいる
    北薩の方だとまだ黒糖が主流で、軽く焼くと(炙りより少し強めに)黒糖から様々な香りが滲み出てきて堪らない物が有る。餅と言っても一度炒り粉にしているから指で千切りながら食べられるのも便利。
    辛めの焼酎のあてにも良くてオススメ。黒糖の素朴な味のほうが大人には合うと思うよ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    宮崎では”いりこもち”とも呼ぶんだよね

    子供の頃は、いりこ が餅の中にまぶしてあるのかと本気で思ってた…

  3. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    世の中にはエビチリのケーキがあるらしいからいりこの入った餅があってもいい

  4. 人間七七四年 | URL | -

    おのれ飯テロ記事め…! 

    黒糖タイプのやつ美味しそうだな
    今度鹿児島出張行ったら買おう

  5. 人間七七四年 | URL | -

    薩摩芋が練りこんであるお餅ならありますよ。
    (ねったぼ)

  6. 人間七七四年 | URL | -

    煎粉餅もお店によって違いが有るから、それを探すのも楽しいかも?
    鹿児島のお菓子なら「軽羹」が有名だけど、個人的には「木目羹」もお勧め。
    初めて食べた時はチョコ菓子だと思い、思いっきり頬張ったら羊羹だった事実に
    非常にガッカリした思い出があるよ。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    サーセン…二度ほど鹿児島行ったことあるけど、食べた菓子は白熊とかすたどんとスイートポテトという現代っ子でサーセン…
    あ、加治木まんじゅうもあったわ。あれ確か義弘由来だったはず!

    でも、個人的にはいきなり団子も大好きです(鹿児島じゃなく熊本だけどな!)

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※1,5,6,7
    ありがと。遠方から4回も旅行に行ってるのに知らなかった。
    今度みんな買ってみる。
    加治木の蔵王山が気に入ってるので、見に行きがてらまんじゅうも欲しい。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    加治木まんじゅうはあまり日持ちしないから、お土産にするときは気をつけて
    くださいませ。伊集院まんじゅうなら日持ちしますよ。
    >島津家の家紋である「丸に十の字」の形が印象的な伊集院まんじゅうは市内に数軒の店舗がある市を代表する伝統的なお菓子です。大正2年、旧国鉄(鹿児島~東市来間)の開通に伴い、販売が始まったと言われています。米の粉と砂糖、熱湯を合わせた皮で白アンを包み、出来立ての柔らかさ、舌触りのまろやかさはとろけるような食感です。店舗によりきな粉やよもぎ入りなど数種類あり、お土産としても大変喜ばれています。
    パッケージに義弘の銅像の絵が描かれている物もあります。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    今すぐ鹿児島に行きたい!!!w

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10218-df363b40
この記事へのトラックバック