FC2ブログ

須賀川の城落つる事

2016年09月08日 17:36

阿南姫   
63 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/09/08(木) 08:59:52.56 ID:Zv8WSUbD
須賀川の城落つる事


二階堂盛義の正室大乗院(一般には阿南姫と呼ばれる)は夫の盛義と次男の行親が相次いで
没したため、天正10年(1582年)から須賀川城主となっていた。
阿南姫は伊達晴宗の長女で政宗から見れば伯母にあたる人物だが
蘆名盛隆(実は蘆名氏に養子に入った阿南姫の長男)とその子が没したときに
伊達側が政宗の弟小次郎を養子に送り込もうと画策し失敗したことが
禍根となり伊達家とは絶縁状態であった。

天正17(1589)年、伊達政宗が摺上原の戦いで蘆名氏を滅ぼした後
親蘆名だった二階堂家の須賀川城にも数日中に攻め寄せる風聞が立った。

評定の席で家臣たちが阿南に
「伯母なのだからきっと悪いようにはしない(命は助けてくれる)でしょう」
と降伏をすすめると阿南は
「いや、そうではない。はかない女の身ながら一途に思い入れていることがある。
我が身が盛義と離れてから九年になるが、思うようにならず暮らしていたところを
田村清顕が浅ましくも小倉・松ヶ鳥屋に押し寄せてきて河東の郷を奪い取ろうとし
防戦したとは言え関河内まで難なく清顕が入ってきたとき、嬉しいことに
佐竹義重が大軍を後詰めに出してくれたため清顕を追い返すことが出来たのだ。
松ヶ鳥屋のあたりを今まで無事に領しているのはひとえに義重のおかげである」
「我が身を安々と政宗が手中に収めてしまえば、仙道筋の諸将であの者に逆らおうと
する者はいなくなるだろう。そうなれば横柄な政宗は上見ぬ鷲の挙動してすぐにも
義重に仇をなすだろう。我が身だけはせめて一日でも歯向かい義重の恩に報いたいのだ」
と訴えた後、重恩の郎党共を召し寄せて
「風聞通りなら間もなく政宗が大軍で押し寄せてくるだろう。そうなれば多勢に無勢の習いで
安々とこの城は落ち甲斐なく討たれることは必定だろう。また命を惜しみいずこへ落ち延びたところで
草葉を分けて探しだされ妻や子どもにさらに憂き目を見せるだけになるのではないか。
ここはそれぞれ思うように降り政宗に奉公してほしい。少しも恨むことはない」
「我が身は女ながらも思うことがあるので、一人でもこの城でこらえて政宗が寄せてくるのを
待って自害する。冥途まで一緒にと思う者は伴をせよ。そうでない者は暇を得させよう」
と目を涙でいっぱいにして訴えたので、そこにいた家臣たちも袂を顔に押し当ててしばらく
涙に咽んでいたが、少しあってから
「そこまで思い定めなさっているのに、誰が恩を忘れ見捨てることがあるでしょうか。
たとえどのようなことになってもまず私達が討死してからの御身のことだと思って下さい」
と頼もしげに言ったので、阿南もとても嬉しそうにしていた。

64 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/09/08(木) 09:00:44.01 ID:Zv8WSUbD
しかし政宗が侵攻してくるという沙汰が頻繁になってくるといつしか家臣同士も不和となり
早くも降る人間も出始め、重臣の守屋筑後守も伊達側と裏切りの密約を交わした。
侵攻してきた政宗は、敵側の死狂いに味方が駆り立てられ死傷者が増えるので攻めあぐねていたが
そこで守屋が自分の指物を抜いて部下に合図し長祿寺という禅寺の便所に火を付けさせたところ
西風が激しく吹き城中の役所に燃え移り四方に焔を吹いて軒を連ねた舘共々、炎上した。

阿南はこの成り行きを見て守屋の謀反を悟り、城中にいた守屋の妻を呼んで
「守屋め、譜代重恩の身を忘れこのようなことをするとは情けない」
と言ってさめざめと泣いたので、守屋の妻は応えて
「まことお恨みの程、愚かな我が身にもこれ以上はないと思います。この上は
御胸を晴らす為に某をどのようにでもしてください、露ほども恨みはしません」
と涙ながらに言ったので、腹をすえかねた阿南が襟を掴み刺し殺そうとすると
流石に女の儚さでそばにいた女房が袂に取り付いて妨げたので、阿南は小刀で
自害しようとし、大勢でとどめることになった。

その後政宗の元から迎えの人間が十四、五人来たので女房八人侍九人が阿南に付き添って
炎の中から泣く泣く出てきたことは、哀れといえるだろう。

――『会津四家合考』

その後阿南は政宗によって保護されたが伊達側が用意した食事には手を付けず、政宗のことを嫌って
甥の岩城常隆を頼ったが常隆が亡くなると、さらに甥の佐竹義宣の下に身を寄せた。
慶長7(1602)年佐竹家の転封に伴い出羽国に赴く途中、須賀川付近で病を得て亡くなったという。



65 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/09/08(木) 14:06:48.26 ID:jEld/eEc
>>63-64
嫌になるぐらいリアルだ…現実は小説や映画のようにかっこよくはいかないなぁ…。

スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    誰でも我が身は可愛い‥

  2. 人間七七四年 | URL | -

    火事の出処が便所というのも なかなか
    守屋筑後守 汚し

  3. 人間七七四年 | URL | -

    しかし、政宗関係の逸話はとことん碌なのないなあ。
    知れば知るほどなぜ人気があるのかよくわからなくなってくる。

    これが徳川時代の情報操作の結果なのか、東北民のリアルな恨みなのか。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    政宗が親戚とばっかり戦う羽目になってるのは、曾祖父の稙宗が
    東北中に自分の子供を送り込んだせいだから、一概に政宗が悪いとは言えないと思う

  5. 人間七七四年 | URL | -

    奥州情勢は複雑怪奇

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    稙宗もそうだが稙宗の婚姻政策に反発して天文の乱を起こした筈の晴宗も
    結局あちこちに自分の子供を送り込んでいるからなあ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    昔ざっくり調べた事あるけど、晴宗も正室久保姫との間に六男五女で(側室は居ない模様)こんな感じ。

    長男/岩城親隆(岩城氏へ入嗣)、長女/阿南姫=大乗院(二階堂盛義室)
    次男/伊達輝宗(政宗父)、次女/鏡清院(伊達実元室=成実の母)、
    三男・留守政景(留守氏へ)、三女/益徳姫(伊達家臣:小梁川盛宗(=泥播斎)室)、
    四男/石川昭光(石川氏へ)、四女/彦姫(蘆名盛興室から後に蘆名盛隆室)、
    五男/国分盛重(国分氏へ)、五女/宝珠院(佐竹義重室)、六男/杉目直宗(杉目氏へ)

    これだけのつながりを作った上、この代だけで言っても、
    例えば、四女/彦姫と再婚の形になる蘆名盛隆は二階堂家出身なので、
    伯母甥の婚姻という事になる。
    更に行った先の他家でもそのような事があるので、もう色々と入り乱れていて大変で、
    誰が敵か見方か…見極めるのは当人達も大変じゃなかったかと思う。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    まるでハプスブルグ家級の婚姻戦略だな....。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ヨーロッパ貴族も大概親戚だらけだけど日本は養子縁組が多い分更にカオスよね
    系譜と血脈が全然一致しねぇの

  10. 人間七七四年 | URL | -

    コレばっかはどうしようも無い。ざっと読んだ歴史だと戦国武将の駆け引き戦略が現在の視点では格好良く見えるが、現実はこういう事が大小関わらず有ったろうしね。戦場だって雑兵・武者の命乞いに目もくれず己の加増のため殺し殺されだしね。
    マー君謗ってもしょうが無いよ

  11. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    しかし身内からどんだけ信用されてないんだマーくんw

  12. 人間七七四年 | URL | -

    だから奥州は「身内」って言ったらそこら辺全部身内だし、
    「身内じゃない」って言ったらそこら辺全部身内じゃないのよ。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    阿南姫は、42歳で亡くなったんだね。
    甥を恨みながら亡くなったのかと思うと、切ないな。
    確か、須賀川の「松明あかり」は、この戦で亡くなった家来と阿南姫の霊を弔う祭りだとテレビで聞いたことがある。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    晴宗長女阿南の嫁いだ二階堂盛義(晴宗妹の子)死後に攻め寄せた田村清顕は、晴宗妹(田村隆顕正室)が産んだ子(阿南の従兄弟)で、正室は晴宗姉(相馬顕胤正室)の娘、そして娘は晴宗孫政宗正室愛姫という人物で、このとき二階堂家の後詰をした佐竹義重は、晴宗の義妹(妻岩城氏の妹)が佐竹義昭に嫁いで産んだ子であり、更に、阿南の長子平四郎を人質とした蘆名盛興(晴宗姉、蘆名盛氏正室が産んだ子)の妻は、晴宗四女の彦姫(阿南妹)であり、盛興死後に平四郎(盛隆)は叔母彦姫と再婚して盛氏養子となり、彦姫と男女を儲ける。娘は晴宗妹が正室だった相馬義胤の嫡子利胤に後に嫁いだ。蘆名盛隆(平四郎)が急死し、更に男子亀王丸が夭折したため、先に彦姫が故盛興との間に儲けていた娘を盛隆の養女に直して、その婿に迎えたのが、佐竹義重に嫁いでいた晴宗娘(阿南&彦姫の妹)が産んだ義重次男の白河義広。義広は当時、晴宗姉(蘆名盛氏正室で盛興母)の娘が嫁いだ白河結城(小峰)義親の養子になっていたけれど、一転蘆名家へ。
    更に、佐竹義重妹は岩城氏に入嗣した晴宗長子親隆に嫁いでいて、更に、その子岩城常隆には二階堂盛義と阿南の娘が嫁いでいて、その常隆が病死後その跡には秀吉の命で、義重と晴宗娘の間に産まれた三男貞隆が入嗣することになり、従兄弟貞隆に逐われる形となった常隆妻(阿南娘)は幼い息子を伴い伊達家に身を寄せ、自身は晴宗甥で従兄弟に当る伊達成実に再嫁し、伴ってきた幼い息子は晴宗孫の伊達政宗の後見を受け岩城隆道と名乗った後、伊達一門に列して岩谷堂伊達政隆(岩手県奥州市江刺岩谷堂城主)になり、佐竹の義重妻(晴宗娘、阿南&彦姫の妹)は、二階堂家滅亡後の姉阿南と伊達家を出奔した弟国分盛重を保護、長子の佐竹義宣と共に秋田へ向かい……うーんもう……。
    政宗母の最上の義姫も晴宗叔母の孫だし、その他にも上杉、斯波、大崎、葛西、結城等歴代の縁戚、出雲、但馬、駿河、越前、近江その他の庶家と、調べると深いですね。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    南東北史は政宗を中心に据えた見方からそろそろ脱出してほしい。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    こういう独りよがりな長文きらい

  17. 人間七七四年 | URL | -

    ※14
    ダメだ。まったく頭に入ってこない。
    政宗の曾祖父から政宗の息子あたりまでの世代の
    伊達家中心に婚姻or養子縁組のあった家を含めた家系図的なものが欲しいな。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    伯母にここまで悪し様に言われるって
    政宗ていう武将は本当に徳がないよね

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ①二階堂家滅亡後、阿南は伊達家に戻らず、娘のいる岩城家へ
    ②岩城家を出ることになった阿南の娘は伊達家に保護され成実妻
    . 連れ子は政宗に養育され城持ち一門衆
    ③阿南は娘について行かず、妹のいる佐竹へ
    母娘でも対照的、母娘が別れるとき、どんな話しをしたんだろうね

  20. 人間七七四年 | URL | -

    冒頭だけ読んで、顔芸の人の逸話かと思ったら全く出てこなかったでござる

  21. 人間七七四年 | URL | -

    でも、なんだかんだ俺らが文句つけても
    悪いようにはしてないよな。

    完全に過程における手法だけで恨まれとるな。

    ※17
    関東の鉄道ダイヤグラムみたいになるんじゃね?

  22. 人間七七四年 | URL | -

    伊達松犬丸の乱から此の方、伊達家の裏ボスは古河(鎌倉)公方、関東管領、越後守護
    成宗上洛→尚宗と上杉定実の連携→稙宗による越後入嗣→晴宗の妨害→信長と結んだ輝宗によって再侵攻の準備
    そして政宗による小田原参陣の越後路選択で終焉するまで、

    ずーっと伊達家は公方を補佐する関東管領を補佐する【越後】をまず奪い取ろうと画策していた
    もちろん目的は足利幕府と直で繋がる道を得て、関東制圧ならびに奥羽平定するため

    信長の野望でプレイするとわかるが、これをやろうとすると山形や千代や黒川や常陸が米沢~西山ラインの背後を常に脅かし、両面作戦になってクッソウザいことこの上ない
    だから養子送り込んだり根切りにしたり雁字搦めに奥羽を支配しまくる必要があった
    稙宗時代で一応成功してんのがまた恐ろしい

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10220-e1e5b5fd
この記事へのトラックバック