毛利陸奥守大江朝臣元就という人物

2016年09月11日 19:05

180 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/09/11(日) 17:57:54.15 ID:d4UKo8Oh
安芸国、毛利陸奥守大江朝臣元就という人物、その先祖を尋ねると、鎌倉三代の将軍の執権であった
因幡守廣元であり、彼は太枝の姓を改めて、大江を用いた。以降、元就の家は大江嫡流を称した。

元就の父もまた廣元という(毛利弘元)。兄を興本という。興元の子、幸松丸早世のあと、毛利の家は断絶の
危機にあったが、古老たちが協議して元就を呼び出し、吉田郡山城へ入城させた。

これ以前、元就は多治比三百貫を領する、非常に小さな存在に過ぎなかった。
しかし毛利の家督を得た後、智謀人に優れ、武勇世に類なく、遠近がその徳化に帰伏すること、まるで草が
風になびくようであった。

元就は、『之を用いるときは行い、之を捨てるときは蔵る』という孔子の言葉を思い出させる人物であった。

(甫庵信長記)


甫庵信長記の毛利元就評である。



181 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/09/11(日) 21:37:25.61 ID:p6f96Ngh
京都の江氏嫡流はどう思って読んだだろ。
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    大江氏の総領家は、幕府でも評定衆を歴任した長井氏だけど
    毛利元就は徳化(領土拡張)の際に、政治宣伝として大江氏の嫡流を自称していたのかな?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    某本多正信嫡男「で、宣伝のために甫庵はいくら要求したのですかな?」ヽ(*´∀`)ノ

  3. 人間七七四年 | URL | ZPZR469g

    ※1
    長井嫡流は戦国期には滅亡してるし傍流の備中長井氏は毛利氏に取り込まれてるから
    それをもって毛利氏が大江氏の惣領を名乗ったんじゃないかな。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    元就が陸奥守を名乗ったのは、
    武家大江氏初代の大江広元が、出羽の長井荘・寒河江荘を領して陸奥守を称していた事や
    総領長井一族の寒河江氏(南北朝期までは大江姓)が出羽で当時健在だった事もあるのかも

  5. 人間七七四年 | URL | avoeBHjE

    FFでは陸奥守と言えば刀だけど、毛利さんは矢っていう

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    新田における山名氏みたいなもんか(徳川から目をそらしながら)

  7. 人間七七四年 | URL | -

    京都には大江広元の兄と言われる人の家系が残ってたけど、全然ぱっとしなくて、代々近衛家の諸大夫を務める程度の家で、やっと幕末に堂上家になれた(大江氏流北小路家)とのことで。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10225-b31b68e9
この記事へのトラックバック