FC2ブログ

細川ガラシャ、鬼の女房は蛇・悪い話

2009年01月21日 00:03

594 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/20(火) 21:03:48 ID:01imM3WA
ひょっとしたら 細川忠興 の項で既出だったかも知れないけど
細川ガラシャの話を

…――えぇ、それは慣れますよもう。父親は謀反人、夫は人斬りなんですから。
みんな大好き細川忠興が、人並み余って兆倍過ぎるほど偏愛を注いでいた奥方に
思いっきり足元を水面蹴りされちゃって起き上がれなかったお話。

ある日の事、城の庭に降り注ぐ暖かな陽光に気を良くした忠興はガラシャと
共に座敷を出て、縁側で食事を摂る事にした。だが、例によって寡黙な夫婦だ。
食事を摂る箸の音と、庭木を剪定している庭職人が振るう鋏の音、
遠い彼方から響く鳥の囀り以外、何も聞こえる音も無い寂しい風景である。

そして、事件は起きる。庭職人の鋏の切っ先が狂い、ある松の枝を切り落としてしまったのだ。
しかも運が悪い事に、その松は忠興が特に愛でて居たお気に入りの松だったのだから始末が悪い。

庭職人>>…――やっべ、死亡フラグ立ったか? ,,..(l;゚∀゚)..,,

御明察。文字の通りに致命的な失態、気付いた忠興は憤怒して庭へと駆け下り、一刀の下に職人を斬り捨ててしまった。
断末魔の悲鳴と、間歇泉の様に吹き上がる血飛沫。おだやかな昼下がりの風景は地獄絵図へと急転直下したが…―。
ガラシャは、まったく気に止める様子も無い。まるで何事も無かったかの様に食事を続けているのだった。
これに呆れたのは忠興である。佩刀の血を拭いながら奥方に語りかけた。

細川忠興>>―…信じられん奴だな。俺があれほどの事をやってのけたと言うのに…まるで冷静そのもの、蛇の様だな?( ;・`ω・´)

すると、ガラシャは箸を置き…冷めた瞳で忠興を見上げて言った。

ガラシャ>>松の枝を不注意で落とした程度で、職人を斬って捨てるなどという惨い事をなさる貴方は鬼です。
       …―――"鬼"の女房には、"蛇"が御似合いでござりましょう? σ(゜、。 )?

後に詩歌の道で達人となる忠興も、この言葉には二の句が継げなかったそうである。
四天王の一角たる面目躍如、そんな細川忠興の(ばつが)悪い話。




596 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/20(火) 21:06:40 ID:/HHeI23s
この話を見るたびに、ガラシャも忠興の嫁であることを楽しんでたんじゃないか、とか感じる。

597 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/20(火) 21:36:23 ID:eVu9VK1J
>>594
人並み以上に妻を偏愛してても、浮気するんだよな…
忠興って、ほんと変な男だな。

598 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/20(火) 21:36:39 ID:OKG9ugiV
このバージョンは初めて見たな
これも面白いw

599 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/20(火) 21:49:34 ID:mo/7nOJq
>>594
確か返り血をあびた服をしかもこのまま数日間、着続けたんだよね。

600 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/20(火) 22:14:10 ID:ILS0afe7
鬼には蛇か…
何だか悲しいヘビーな話だな。

601 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/20(火) 22:23:10 ID:i/9w1AoJ
だれ うま

602 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/20(火) 23:00:47 ID:/CQ6lAMN
>594
蛇な嫁、ということで「イェーイ、ダ~リン人斬りじゃn」というガラシャの声を幻聴した
忠興=やってやるぜの人(偽)。 すまん。

604 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/20(火) 23:45:21 ID:gh79Jc2r
なんでこんな所でラムネネタを見る事になっちまったんだろうな、俺たち

609 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/21(水) 06:12:03 ID:eoq3kwDQ
>604
「俺は今、猛烈に……」は「七難八苦を背負っている!」鹿介さんだったりるのだろうか。

DQN四天王で熱血属性はあんましめずらしくないから、当てはめようにも困る

609 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/21(水) 06:12:03 ID:eoq3kwDQ
>604
「俺は今、猛烈に……」は「七難八苦を背負っている!」鹿介さんだったりるのだろうか。

DQN四天王で熱血属性はあんましめずらしくないから、当てはめようにも困る


610 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/01/21(水) 09:31:45 ID:vaTUpHyq
熱血…ああ、熱い返り血か
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/1023-2e336628
    この記事へのトラックバック