一方、三好殿の衆は、

2016年09月30日 16:46

135 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/09/30(金) 15:02:35.59 ID:Zp91inL8
昔、阿波の御屋形様(阿波細川家)は、万事を家老衆に任せて、軍の事を少しもお構いなかった。
彼らは能、蹴鞠、囲碁、将棋、お囃子といった遊びばかりしていた。

一方、三好殿の衆は、兵法、鑓、長刀、弓といった武道ばかりで、とにかく強いことだけを求め、
文道には少しも関心を示さなかった。そして理非をとなえるような人を『よわ者』と蔑んだ。
だがそのために御家は滅びた。
(三好記)



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    文化人でもある長慶ブラザーズの中で一存だけ脳筋だなーとか思っていたが、
    むしろ長慶・実休・冬康の方が珍しい存在だった可能性があるのか

    文の久秀より武の長頼の方が出世が早かったのも家風なのか?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    三好家が四国と中央を納められたのは、三好家の軍事力が他の地域よりも強かったからと
    読んだ事がある。(ここで云う軍事力は、純粋に武・質・知が優れていたと言う意味)
    ただ同時に、あの頃の有力大名達も蓋を開けてみれば問題だらけで、勢いに乗った三好家が
    そこへ割り込んできたって事もあるけどね。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    三好兄弟の他にも宋三とか笑岩みたいな一流の文化人一門にいるし堺商人と長年にわたる付き合いあるから決して武のみではないと思うんだがなあ。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    それはそうでしょうね。どの時代のどの家でも一定の知識や交渉能力が無いと、
    組織運営なんて出来ませんからね。そう言う点では京周辺や湊街・街道筋を
    押さえた家は顕著ですね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    兼定「んだな」
    氏真「んだんだ」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    文弱って言われてるけど君達や朝倉義景、大内義隆も何気に武はそれなり以上にあったからなあ。
    相手が悪かったのと、途中からへたれただけで。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10255-199bba8b
この記事へのトラックバック