それがしは家康公へ庭先のハシゴを差し上げたが

2016年10月14日 21:12

森可政   
212 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/14(金) 14:54:41.43 ID:UGi9nDJa
徳川家には……


春も末のある時、森可政(森可成の弟で忠政の叔父)が忠政へ生の鱸を差し上げようとしたところ
近習衆は「忠政公は奥にいらっしゃるので今お披露目するのは難しい」
と断りそのまま持っていこうとした。

可政は大いに腹を立てて
「この時分は落ち目のナマモノがあるので、忠政殿はお出でになるべきだ。
ナマモノを直接ご覧にならないのは以ての外である!先年それがしは家康公へ庭先のハシゴを差し上げたが
御列座の衆は
『あの可政は秀吉公の代には黄母衣の御大役として口を聞くような者だったが、庭先のハシゴをくれたのか』
と機嫌よく家康公の御前へ持っていってくださった。何を差し上げようとも
『公儀の場よりも奥の間にいるので披露できません』と返すような御列座の衆は徳川家にはいなかったぞ!
早く取り返してきてくだされ!」
と言ったので近習衆は驚き早々に生の鱸を忠政に披露したということだ。


――『武家聞伝記』




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ハシゴっすか!?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    食べ物かと思って調べたけど、そんな名前の食べ物無かったから
    文字通りの梯子の事かな?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    これはアレですかね
    忠政が津山に行ってからの大惨事の後(人災だけどw)人材が居なくなったので
    当時徳川の旗本だった森可政に森家の家老だかをお願いしたって頃の事?
    だとすると…忠政はやっぱりもっと可政を大切に遇しないといけないかな??w。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    「庭先のハシゴ」のその後が気になる。
    ハシゴって、当時は献上品だったの?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10290-f1825aae
この記事へのトラックバック