庵原朝昌の帰還

2016年10月15日 10:46

247 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/10/15(土) 00:26:30.80 ID:QmUi7l/K
庵原朝昌の帰還

水野勝成が奉公構えを受けて九州を放浪した後、佐々家に1000石で雇われてた頃
勝成が雇った門番が庵原朝昌である。
当初は身分を隠していたが、ある日勝成が彼の荷物から立派な具足を見つけたので
門番に問い詰めたところ、井伊家を出奔した庵原朝昌である事がわかった。
それ以来、勝成は自分の所領である1000石から200石を朝昌に与えた。
その後、佐々家お取り潰しの際に勝成は井伊直政に朝昌を再雇用出来るように手紙を送り
朝昌は無事に井伊家に帰参する事になった。


250 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/10/15(土) 07:42:14.63 ID:QmUi7l/K
この話の出典は「放浪武者水野勝成」からの抜粋です


248 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/15(土) 00:41:51.39 ID:qDzPZbFf
井伊話だなー

249 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/15(土) 01:00:38.30 ID:9W5iOiCM
葵徳川三代で木村長門討ち取るシーンで出てきたのがきっかけで知ったな~庵原朝晶

井伊家侍大将、庵原助右衛門朝昌の武功
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2446.html?sp&sp



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    井伊話しだ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
       /)   (\ 打ち首
      ||   ||
      |ヽ__ ||
       >、/ ||\/
       L_∠ニニ>
      /二/=・ェ・)〉
       ( つ旦0
       と_)_)

  3. 人間七七四年 | URL | -

    それにしてもタイトル…
    ジェ ダ〜イじゃないんだから(汗)

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    ごめん、俺タイトル見て真っ先に浮かんだのは、世界一有名な英国の名探偵(の作品名)だったぜ…

    それにしても葵徳川、本当に懐かしい…もう16年前の大河かぁ…

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    葵徳川は良いよな。

    古いから今時分の歴史解釈とは逆転してる部分もあるけど、ドラマとしての出来はとても良いよな。
    マイナー部将が大量に出てくるのも見逃せない。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    葵徳川が切欠で大河に嵌った自分からすると、やはりこれが基準になってしまい、
    その後の「ナレーションのみの合戦」「葵徳川からの使いまわしのシーン」「役者が若すぎる」
    「女がでしゃばってばかり」等、大河を詰まらなくする要素が強まって行ったのが辛かった。

    DVD全巻セット2万から3万以内って、結構高い。
    それと、NHKはいい加減BD版出てくれないかなぁ。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    まさに良将は良将を知るみたいだな

  8. 人間七七四年 | URL | -

    若い頃は無頼だったが年功を積んで…な人か
    鬼武蔵にも長生きして欲しかったのう

  9. 人間七七四年 | URL | -

    勝成は若い時分に各地を放浪して苦労した分、世話になった人には報恩したりしてるけど、
    甲斐信濃で人質取ってやり放題好き放題した鬼武蔵が歳を重ねたから改心するとは思えないんですが、それは…

  10. 9 | URL | -

    書き足すと、鬼武蔵が長生きしてたらよりDQNな逸話が沢山生まれてた可能性が高かった気がする。
    ※8殿はもしやそれを望んで…

  11. 人間七七四年 | URL | -

    水野勝成は立花さんとは相性は良かったみたいだな

  12. 人間七七四年 | URL | -

    平八郎「いや女というもの、時には男以上に使えるし強い者だ」
    娘「父上の教えを守って生きております」

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    改心しなくても治績が上回れば充分名君よ
    他の四天王だって結構晩年まで尖りっぱなしだけど有能扱いだし

  14. 人間七七四年 | URL | -

    この頃の水野さんは1番過激だった頃だったのにこういう良い話を残すとは

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10294-986d7a90
この記事へのトラックバック