松浦肥前入道殿、毛利元就の亭に誘引

2016年10月21日 09:26

265 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/21(金) 00:37:34.28 ID:rAcw/9qK
松浦肥前入道殿、毛利元就の亭に誘引

 長村内蔵助が生きていたときに茶堂慈斎に語ったというのを、
人が聞き伝えて予に告げた。
さて慈斎もまた没して十余年、予もまた長村が話が耳に残っており、今顧念してみる。
 

 あるとき平戸の隣邑の唐津から商人が来て、その人がもたらした中に、古文書の廃紙が多かった。
長村はその中を取り調べると、
毛利元就の亭に茶会があったとき、松浦肥前入道(隆信)も参られ同伴致された』
『毛利の一族某の人に、誘引すべし』
といった書簡があった。
そんなものを長村が計らずすも獲たことは、誠に千載の奇遇であったと。

 道可公(松浦隆信)はその頃はわずかに小島の宰で、
元就は十州太守であり彼と比すれば、小大甚だしく異なっている。
それなのにかく大家の衆会に招かれなさたことは、
いかにも御武運高徳、下に伏しなされる輩ではないことを知っていたのだろう。

との話をしたそうだ。
長村の言葉を今思うと、この文書はどこにいったのであろうか。非常に惜しまれることだ。

(甲子夜話三篇)

さすが、元就
抜け目ないですね




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    宇喜多直家「どれ、わしも茶会に誘ってみるか。」

  2. 人間七七四年 | URL | NTJgKIh6

    元就公を持ちあげ、さりげなく御先祖の道可隆信公も持ち上げているのも面白い

  3. 人間七七四年 | URL | -

    いつごろの逸話なんだろうか?
    元就存命かつ十州太守ってことは尼子家滅亡(永禄9年)から没(元亀2年)までの約5年間。
    このころ松浦は毛利と敵対する大友に属していたはず。

  4. 人間七七四年 | URL | sSHoJftA

    米3
    毛利としては、対大友戦を有利に進めるために、寝返ってくれる人がいればありがたいわけで

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    松浦さんって、正直宇喜多さんレベルで怖いおっさんやで
    あっちから茶会に誘われたら誘殺されかねない

  6. 人間七七四年 | URL | -

    大内から奪った博多権益を守護りたい毛利家にしちゃあ、松浦が味方してくれたら大きなアドバンテージだよな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10307-de29975e
この記事へのトラックバック