“地ずりの晴眼”

2016年10月26日 10:11

248 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/26(水) 02:31:41.89 ID:kweATJqC
東国で1人の浪人が“地ずりの晴眼”という太刀を覚え、「これに勝てる者はおるまい」
と思い、伊藤一刀斎に会って、

「この地ずりの晴眼の止め様でもありましたら、御相伝くだされ」と、望んだ。一刀斎は
「なるほど、伝えよう」と請け合いながらも、それを伝えずにまた他国へ行こうとした。

浪人は心に、「一刀斎でもこの太刀を止めることができないからだ」と思って、彼の
途次に出向かい、「日頃望んだ地ずりの晴眼の止め様を御伝授されないとは、遺恨
である。只今、御相伝くだされるべし!」と、言うままに、

刀を抜いてかの地ずりの晴眼で、するすると一刀斎に仕掛けた。その時、一刀斎が
抜き打ちに切ったと見えると、かの浪人は2つになって倒れ伏した。

世間はこれを、「地ずりの晴眼の止め様を伝授したのに、そのまま息絶えてしまって
残念である。これを“真金江の土産(冥土の土産)”とでも言うべきだろう」と評し合った。

一刀斎一代の行跡には、このような事なども多かったという。

――『撃剣叢談』




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    無明逆流れ?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    とあるやきう選手の逸話が何故か頭に浮かんだ

    大田某「メジャーの打ち方ってこうですか?」
    松井某「後で教えるからバッティングに集中して」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ドリフで志村けんか、加藤茶が、いかりや長介に仕掛けたコントを思い出した。

    義光「わしも若い頃は、謙信相手に剣術試合してな・・・」
    志村光安「全力で家臣達に止められて、実現しなかったでしょう。帰りますよ。」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    ア突いて、ア突いて、ア押して、ア押して、ア払って、ア払って、アさーいごーに斬る!
    ア突いて、ア突いて、ア押して、ア押して、ア払って、ア払って、アさーいごーに斬る!

  5. 人間七七四年 | URL | -

    読み方さえわからない真金江という初めて見る言葉に興味

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    ググっても元スレしかヒットしないねえ
    原典にも真金江の土産だしひょっとして
    まこと かなえの土産
    って切るのかな?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    地ずりの晴眼ってどういう構えなんだろ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    晴眼だと眉間に切っ先を向けるんだけど
    体を低くして這いつくばったりはしないだろうから
    下段で峰じゃなくて刃を上にしてちょうど
    晴眼の線対称みたいにするのかな?

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8さんのコメント見たら、何故か「眠り狂四郎」のあの構えを思い出した。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    保護されていない達人だね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10315-f092ae19
この記事へのトラックバック