真田家の幸村は

2016年10月28日 14:04

280 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/10/28(金) 04:45:28.23 ID:pe8bkluQ
 この九月初旬に、真田豆州が訪ねられて四方山話をされた。
その中で、耳底に留まった話のいくつかを記しておく。


一、真田家の幸村は薩摩に行ったと思われる。
かの国の言い方にも時々それと思われることがある。
彼は先ごろかの国に問い合わせた文通がある。近日見せてくれるとのことだ。


 これ世上の説にあるが、諸書で言うところと異なっている。
どうして秀頼の墓が薩州にあるのかというのは、豆州の言葉の通りなのだろう。
そうであっても神祖の御深仁御厚徳を察することができる。




一、大助生害とのことだが、これも大阪で死んだという話の通りだとは思われないそうだ。
高野山の蓮華定院は昔からの家の代々の菩提所であるが、
その過去帳に大助の戒名があり、没年七十いくつかとかある。
ならば老死である。
御旗本衆の中に八木氏がおり、この家は母のつづきゆえ、
彼は猷廟(家光)の御時にこの家で召し出されたと聞いた。
今更ながら子孫の口から八木氏に問うのもいかがと思われ、まだ確かめてないと。


 こうであるなら、幸村が高野山に退去したというのも、この蓮華定院だろう。
八木氏は今の大番頭丹波守〔四千石〕の家か。


(甲子夜話続編)
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    悪久「はいはい、真田でも、豊臣でも、我が島津は大歓迎ですよ(投げやり)」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    秀家「いやーその節はお世話になりました^-^」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ホント、何でもかんでも逃亡先=薩摩だよねw
    のび太くんがジャイアンとスネ夫に苛められて、ドラえもんに
    助けを求めるのと同じテンプレに見えるわ

  4. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    のびた = 幸村
    ドラえもん = 悪久
    ジャイアン = 家康
    スネ夫 = 正純

  5. 人間七七四年 | URL | -

    日記に「さなた日本一の兵」とか厨二病患者めいた記録を残したヤシが悪い。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    のび太=秀頼
    ドラえもん=幸村・悪久
    ジャイアン=家康
    スネ夫=秀忠

    あれ?しずかちゃんは? 

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    しずかちゃん=花のようなる秀頼様に決まってるだろ(真顔

    なお実際の身長体重(ry

  8. 人間七七四年 | URL | -

    いずれ幕府を滅ぼしにくる種火がどうのこうの、と繋げたいのかもしれん

  9. 人間七七四年 | URL | -

    そういえば、真田丸は
    鬼武蔵、忠興、政宗は出たけど
    悪久は出てないな
    普通に夏の陣で討ち死にするようだし、
    悪久が出てDQNコンプとはいかなかったか
    水野は出るかもしれないけど

  10. 人間七七四年 | URL | -

    天草四郎が秀頼の息子説はロマン

  11. 人間七七四年 | URL | -

    >>天草四郎が秀頼の息子説
    あ~だから格ゲーキャラとして強かったのか(違っ)

  12. 人間七七四年 | URL | -

    そういやこの話をした静山公のお友達の「豆州」って、松平定信の息子の真田幸貫だから、真田どころか徳川の直系子孫だよなw

  13. 人間七七四年 | URL | -

    その天草四郎の生まれ変わりが、美輪明宏さん。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    「真田丸」豊臣秀頼役の中川大志さんが秀頼&幸村生存伝説の地である鹿児島へ
    来てますよ。
    はじめに南九州市頴娃(えい)町雪丸地区にある「伝・真田幸村の墓」へ
    次に鹿児島市にある秀頼と伝わる墓を訪れていました。
    今年は「真田丸」効果でお墓を訪れてくる人が増えているそうです。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    秀頼の父上は誰だ?
    三成「だから、わしではない。」
    加藤清正「確かに秀頼様の将来を心配したが、わしではない。」
    福島正則「あぁ、深酒した時に、淀様の部屋に入ったような気がする」
    真田信繁「待て、薩摩に同行したのは、豊臣家に対する義の為じゃ。」
    真田信之「なんで?」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10320-be8e0c21
この記事へのトラックバック