本多中務は、次の間に逃げた

2016年11月01日 18:18

269 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/01(火) 17:53:18.23 ID:FXCUFiSz
慶長5年8月10日、会津・上杉征伐の途中、江戸にあった徳川家康はこの日、非常に機嫌がよく、
午の刻(正午ころ)に「鶴を料理しよう」と、鍋を持ってきてそれを火にかけ鶴鍋を作った。
前には本多中務(忠勝)、某、全阿弥の3人が呼ばれ馳走され、特に中務は暖炉裏の家康の
すぐ近くに座っていた。

この時、どこから到着したのか、いかにも細かく書かれた書状が家康に渡された。
家康はこれを読んで、誰へともなく呟いた、「伏見城が、落城した。」

そして西の方を見て、はらはらと泣き始めた。
本多中務はこれを見て、御前を走り出て、次の間に逃げた。
全阿弥も逃げ、某も逃げた。

その後家康は、「中務はいるか?」と思って探した所、殿中からそのまま宿舎の方まで退出したと
いうことであった。

(慶長年中卜斎記)

家康が鶴鍋を前に泣き出したら何だか知らんが忠勝はじめみんな逃げた、というお話



270 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/01(火) 18:06:12.45 ID:rD+ufxCs
一体どんなめんどくさい泣き方するんだろ

271 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/01(火) 20:00:44.57 ID:Iubn3vBM
忠勝が走って逃げるほどヤバい状況になったのか

272 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/01(火) 22:42:42.41 ID:80crETN7
感情が昂って脱糞だろうな

273 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/01(火) 23:21:48.40 ID:CJYMPgVy
そらもう、とりい乱しちゃうんですよ

274 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/01(火) 23:28:30.91 ID:SYhha0a6
「卜斎記」といえば、
会津攻めの前、伏見城の千畳敷で家康が笑ってた話を思い出す

275 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/02(水) 15:16:03.06 ID:Ih9U6azj
>>269
なんで逃げるんだよw気を遣ってさがったにしても逃げるって表記が面白い

276 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/02(水) 15:27:11.53 ID:XeQ0r+Kz
>>273
評価する

277 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/02(水) 20:54:16.38 ID:/RmjyhkS
>>273
やりおるのう
お味噌進呈いたす

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    気を遣ってその場を離れた、ってんならわかるんだけど「逃げた」ってどういうことなんだろ?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    権現様は短気だから変に絡まれて怒られるが嫌だったんだろうな。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    心情を慮って殿の泣き顔を見たくなかったとか?
    だとしても変な逸話ですね?

  4. 人間七七四年 | URL | bM4TJFTs

    泣き上戸の絡み酒だったんかな。鳥居さんは人質時代からの仲だから余計に泣けただろうし

  5. 人間七七四年 | URL | J7S1TTU6

    忠勝ほどの立ち位置の人なら、伏見落城の報せが来たら直ちにやらねばならぬことがもりだくさんだったってだけだと思うけどなぁ
    かねてより予期していたことではあったわけだろうし、逆に大親分には一時だけでも感傷に浸る余裕があったと

  6. 人間七七四年 | URL | -

    好意的に解釈してみた。

    (1)家康が一人で悲しもうとしているので、そっとしておくためにその場からこっそり逃げた。

    (2)家康がショックで人に見せられないような醜態・暴言等をやる可能性が高いと推測して、
     誰も見聞きしていなかったことにするために、まず自分たちが逃げた。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    原文じゃ「走出」ってあるし他の衆も外に出たっていう表現だし
    逃げたってのは投稿者の意訳でしょうよ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    某四天王レベルで取り乱す内府は流石に想像できんが・・・

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    国立国会図書館の翻刻は「中務御前を走出御次の間へ被迯全阿彌も迯某も迯」なので逃げたと訳したのは走出の方ではなく迯ではないかな?
    「迯」は「逃」の異体字なのでそのまま「逃げた」と翻訳しちゃったのだと思う。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    センゴクの家康だと
    鎧はボコボコにするし、陣幕内がめちゃくちゃになるほど暴れるし
    そら忠勝も逃げますわ(笑)

  11. 人間七七四年 | URL | -

    これは忠勝も裸足で逃げ出すレベル の出典です

  12. 人間七七四年 | URL | -

    忠勝等も自分が泣く姿を見せたくなかったとか?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    走り出したのなら、次の作戦に向けての準備に行ったのでしょうね

  14. 人間七七四年 | URL | -

    家康「う~~ううう あんまりだ…HEEEEYYYY あァァァんまりだァァアァ AHYYY AHYYY AHY WHOOOOOOOHHHHHHHH!!おおおおおおれェェェェェのォォォォォ 元忠がァァァァァがァァァァァ~~~!!」

  15. 人間七七四年 | URL | -

    やっぱり伏見城落城と家臣団討死は全くの想定外だったわけだな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10328-116c5fd3
この記事へのトラックバック