主君に不意に召された時、

2016年11月04日 00:12

291 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/03(木) 02:12:04.73 ID:SO4PLe6Q
主君に不意に召された時、慌てて出てはならない。

まずは御召しの御答えをして、次の間で胸からへその下(丹田)へ心気を静めて、
2,3度撫で下ろし、しとやかに罷り出よ。

自分の思いもよらぬことを主君がお尋ねになる時、胸を突かれてうろたえるものだ。

主君の内心に“慌て者”と見限られれば、自身の立身の差し障りとなるものである。

――『山本道鬼入道百目録聞書』



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    主君を社長に変えれば現代も通じますなこれ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    慌て者でも使いようだけど、指揮官や使者にはできないからね
    いらぬ機会に評価を下げてはもったいない

    確かに現代も同じですね

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ノブ「召されてから来るようでは三流。召される前に罷り越してこそ一流」
    さる「無茶いわんといてくださいな」

  4. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    ??「あと鎖帷子も忘れずに」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    この人達に不意に召し出されたら

    三斎さん「正室のお玉さん絡みの場合、覚悟しましょう。」
    (# ●Д゜)「酒が入ると刀の鞘で叩かれるので、諦めましょう。」
    鬼武蔵さん「橋の門番を任せられたら、泣く泣く諦めましょう」
    悪久さん「あの方に来てくれるように、事前に頼みましょう。」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    召される(直喩)

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6さん、※5です。「召されたら」でしたね。
    ありがとうございます。
    でも、この四人に「召されたら」、違う意味になりそうで怖いです。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    米4
    ??「弟よ何故そんなに用心しているのだ?」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    高坂弾正「殿に召されました」
    陶晴賢「殿に召されました」
    片倉重長「殿に召されました」
    森蘭丸「殿に召されました」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    ダンジョーさんと乱ちゃんは殿の「お気に」召されたのでしょうかね

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10さん
    全員「殿の衆道相手」ですね・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10334-5137f36f
この記事へのトラックバック