切団子

2016年11月07日 09:43

302 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/06(日) 22:15:27.02 ID:fuOGN5H1
切団子〔水野家伝。伝通院殿遺事〕

 浜松侯〔水野左近将監忠邦〕の家に「きりだんす」という製菓子が伝わっている。
切団子と書くとのことだ。昔伝通院殿が常に好まれていたので伝わっているという。

 林子(述斎)と侯は師弟なので、ある日侯はこれを作って林子に差し出した。
林子はその古色と故事とを賞し、そのことを予に語った。

 実はこの調理はかの家でも久しく作っていなかったので、これを知る者もなかったが、
今の侯が台所の古書留から捜し獲て再び昔のことを知ることができたとか。

 また同じ年の大晦日に以下の書付を送られた。
「切団子製法

一、小豆 一升四合 一、糯之粉 一升二合
一、粳之粉 八合  一、砂糖 二斤半

この割合で湯で練り合わせます。棹取小判にして小口切六歩くらいに切り、
煮立てました湯に入れ、浮いてよろしい時分に器に入れ差し上げます。
小豆はかねてからこしあんにしておき、乾かし、よくほぐし、ふるいにかけおきます。
または青黄粉などを小豆代わりにすることもございます。
切りだんすはもともと温かいものを賞翫するものですので、
『お出しするのは只今だ』とございましたら、
ずいぶん手回しとく急に仕立てて差し上げますものにございます。
以上

四月」

これは林子が水野氏に所望し、かの料理方から書き出した書付である。
(甲子夜話)



303 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/06(日) 22:32:48.27 ID:6Z1DPi6F
そういえば昨日の世界ふしぎ発見がオランダ回で
第10代平戸藩主・松浦熈(松浦静山の息子)が後世に伝えるために描かせたと言う
「百菓之図」(和菓子、洋菓子など百種類の図と解説)について紹介していた。
再現されたお菓子が松浦史料博物館で提供されてるとか

親子そろって菓子のレシピに興味があったのかな
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    水野家だけに
    せつだんすじゃないのか

    左義長まんじゅうといい
    水野家は「お菓子だいすき」なのだな…

    勝成の嫁さんには悪い環境だw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10341-62fb3657
この記事へのトラックバック