最上駿河父之遺跡を受て後

2016年11月11日 11:10

287 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/11(金) 02:18:29.80 ID:1jlJkqVM
今日は鮭の日なので、鮭様関連の話を一つ

※原文準拠

最上駿河父之遺跡を受て後

駿河守家親(最上家親)父の遺跡を受て後 日々に花車を好み 双六鞠俳諧に日を送り 殿宅に金銀を鏤むを 諸人諌めける
昔時源頼朝公政道正敷諸士に情深かりしが共 御子右衛門督頼家政道宜しからず
終に弟の実朝に殺れ玉ひ 実朝は頼家の子悪禅師公暁に討れ 頼朝父子三代治世纔四十余年にして亡びぬ
是頼朝平家を亡さんと多くの人の命を断し故 其積悪子孫に報ふて断絶せり
去れば義光も頼朝の如く政道正敷 万民に情深く 寺社を敬ひ其領を寄付し 古今に稀なる大将と云へ共
以謀略多くの領主を打亡 栄花身に余ると云へ共 其積悪子孫に報ふて 源五郎(最上家信=最上義俊)殿御代に至て没落せり
彼頼朝父子の古へに不異
家親御行跡宜しからざる由 三浦上総助御諌言申ければ 御腹立有て終に切腹被仰付けり
延沢能登守(遠江守延沢光昌の誤り)楯岡甲斐守(楯岡光直)御一門顔にして御異見無れば 最上家の家の可亡時節至来と見へたり
去れば聖人禍福将に至らんとし善必先知之 不善必先之を知と云り
孔子も国家将に興らんとし必禎祥有 国家将に亡んとし必妖□(けつ=草冠に辟)有と 云り

「信辮手記」等




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    鮭様が、頼朝のように謀略限り尽くしたから、最上家は落ちぶれた。って書いてるけど、この時代、謀略してでも家を残さないといけないし、謀略限り尽くしたから、滅びたというおかしい。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >今日は鮭の日
    何かと思ったら十一十一だからか
    蛙の日でなくてよかった

  3. 人間七七四年 | URL | -

    謀略の限りを尽くした毛利家が残ってるしな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    〉善必先知之 不善必先之

    これはどういう意味の言葉ですか?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >4
    善きにも不善にも先例があるから学びなさい

  6. 人間七七四年 | URL | -

    民衆が心配だからと、洪水した川を見に行ったり、家臣思いで、大将なのに先陣きって、氏家さんに怒られたり、愛すべき鮭様なのに、書いた人は何か鮭様に恨みでもあるのかな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    本文を原文準拠でアップしたいつもは顔文字(´・ω・`)の投稿者ですが、「鮭様の治世は素晴らしかったが、子の家親は花車(華奢)に溺れ、や短期間で最上家は衰退したといった内容でどこに鮭様への怨みを感じるというのでしょう?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    書いた人=原作者とするなら、信辮は最上家の中級家臣(慶長出羽合戦でも活躍)で、最上騒動後羽黒山に入山した世捨て人とも言われている様です

  9. 人間七七四年 | URL | -

    信辮「鮭様萌え~ 家親とその取り巻き萎え~」ってことでOK?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    米5
    ありがとうございます

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    同じく幕末まで大名として存続した大田原(大関)さんとかもいるもんな。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    現代的な意味での善人じゃ、当時武将なんてやってられないよね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10349-6f843a91
この記事へのトラックバック