東寺観智院密教御朱印の事

2016年11月14日 17:32

291 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/14(月) 00:55:44.29 ID:5M7DLXjN
東寺観智院密教御朱印の事


 東寺の観智院に、真言密教の疏が百冊入っている箪笥が五百あった。
神祖の命があり
「密教なので門外不出にするべし。
ただし高野はその本なので、ここには送るべし。」
との御書付が今も有るという。
またこの経疏により永伝の料として別に五百石の御朱印を下されたという。
これは普門律師(円通)の語ったことである。

 どうして神祖の御事は何もかもこのように広大なのかと敬感される。
しかし律師が言うに
神祖の命もこのようであったが人情は釈徒も同じことで、
東寺はついに高野に送らず今に及んでいるとのことであった。
(甲子夜話)


東寺と高野山の仲がちょっと悪い話



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    延暦寺「同じ宗門」
    三井寺「仲良くしなきゃ」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    東本願寺「お前らが言うなw」
    西本願寺「マジウケルw」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    真言密教の疏が百冊入っている箪笥が五百あった
    経疏により永伝の料として別に五百石の御朱印を下された

    疏ひとつあたりいくらか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    一冊一石なのか…、見合うかどうかはともかく密教が渡すはずはないな。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    いや、よく読み返してみたら、百冊一石だったな。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    表千家「宗教は対立おおいな」
    裏千家「ほんまに」
    武者小路千家「仲ようせんと」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10355-3b9a5488
この記事へのトラックバック