そして今もまだ生きていると聞いている。

2016年11月19日 14:24

317 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/18(金) 19:46:27.75 ID:7E1FHg/r
宇喜多殿というのは、元来備前の武士であった、当時は浦上という者が備前美作領国の主人であり、
宇喜多直家は浦上の家臣であった。しかしこの直家は悪性の人物で、国郡を持つ人と縁者などに成り、
後に殺して奪い取ることを度々した。浦上も殺して、遂には備前美作の主となった。

八郎殿(秀家)はこの宇喜多直家の子である。太閤秀吉と親密な関係に成ったのは、秀吉が備中高松の
城を攻めていた時、明智反逆の事が知らされたが、引き取りたいと思っても自由にならない状況であった。

この時、八郎殿が秀吉に一味して力を合わせた事で、秀吉は高松の城主に腹を斬らせ、その上で
巻き返して上京出来たのである。

この忠功により両者の関係は良く、秀吉は彼を聟に取った。しかし秀吉に娘はなかったので、
前田筑前守(利家)の息女を養子にして、八郎殿を聟に取った。

但しこの時分、八郎殿はまだ10歳ばかりであった。直家も当時まだ生きていたと言うが、瘡毒のため
人前に出ることも出来ず、八郎殿を国主分としていた。
そしてその下には、五万石、三万石といった大きな所領を有する家老たちがあり、彼らが談合して
高松の時も秀吉に味方する方針を決定したのだという。

八郎殿は太閤秀吉の聟と成り、また官位も上がり、宇喜多中納言殿と呼ばれた。
しかし治部少輔乱(関ヶ原の役)に至り、彼は治部方であったため、東照宮(家康)の勝利にて
この乱が終結すると、八丈島へと流された。そして今もまだ生きていると聞いている。

これは老人(江村専斎)が癸卯の年(1663)、九十九歳の時に語られた話である。

(老人雑話)

宇喜多秀家は1655年に亡くなっているので、その部分は正確ではないのですが、
当時の江戸でも「宇喜多中納言ってまだ生きてるらしいよ」「すげー」みたいな話題のネタに
なっていたのでしょうね。



318 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/18(金) 21:03:28.64 ID:865MJPbR
>>317
どこのアーサー王だw

319 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/18(金) 21:06:53.08 ID:Limq/1QQ
さっきまでやっていたヒストリアが「戦国一のワル」の回だった
このタイトルで松永や宇喜多じゃなく、最上義光回だったけど
目新しいネタはなかったな

320 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/18(金) 21:58:59.29 ID:gql9sLLB
>>317
泳いで参った!の伝説もあったんだろうか

321 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/18(金) 23:33:46.68 ID:Ad/x7wny
2ch発祥ネタじゃねえか

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    戦国3代ワル「宇喜田直家」「松永久秀」「最上義光?」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    直家「忠臣だった親父を謀殺されたんだ、そりゃひねくれますよ」
    久秀「主君は素晴らしい人でしたが、その一族がヒドいんです」
    義光「周辺の圧力に屈したらずっと舐められるので頑張ってました」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    大関高増「良かった、我々一族にはワルはいないようですな^^」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >>319
    流石に服部天皇のことは言えないよなぁ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >>ヒストリア
    悪くも無いけど良くも無い構成だったね。
    ただどうしても納得行かなかったのが、「駒姫=美女」とあるのに、
    あの女優さんの容姿じゃちょっとねぇ~・・・・

    >>※4さん
    ホント、どうして「悪者扱いされたのか」が全く語られてなかったよねw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    秀家より存在感を放つ鮭様。
    鮭様より存在感が薄い秀家。

    秀家「江戸湾泳いでたのに、誰も気づいてくれなかった(涙)」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ハ チ ジョ ウ ジマ
    全て遠き理想島

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10367-670b933d
この記事へのトラックバック