伊勢から駿河までの城主は、聚楽の豊臣秀次に

2016年11月28日 18:29

355 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/11/28(月) 08:45:22.81 ID:TtoGbpWs
文禄3年(1594)、豊臣秀吉は山城国伏見の指月に城の建設を進め、日を追うごとに石垣や天守が
造られていった。
すると秀吉は、伊勢から駿河までの城主は、聚楽の豊臣秀次に遣わし、その他の東国北国西国の大名たちは、
皆伏見に移った。このため家造りは夥しいものであった。

(慶長年中卜斎記)

指月伏見城建設の時点で、秀次は東海道だけの存在になっていたのですね。



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    この話が本当なら、関ヶ原のとき東海道の城主が
    こぞって城を家康に差し出したのもこの辺りから因縁ある気もする

  2. 人間七七四年 | URL | -

    関白を譲っただけで家督まで譲った覚えはないってことね。
    全員がお前の家来じゃないよ、ここからここまでだよと。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    関係ないよ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    東海道の大名は秀次を裏切ったやつと秀次の首を取ってきたやつだ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    関係ないってことはないと思うが。
    とはいえ、「この話が本当なら」なんてつけずとも、東海道の主だった城主って、
    山内一豊、田中吉政、中村一氏と秀次の宿老だったわけだから、
    この逸話関係なく、秀次事件の遺恨説は成り立つ。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    遺恨どころかその3人、秀次締め上げる立場だったわけで

  7. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉に唯々諾々と従って主君締め上げて領地を安堵されたからって、
    恨みが無いとは言えないし、なぜ山内ら宿老が東軍に付いたかって話だと、
    割とでてくるポピュラーな説じゃん。

    この説が正しいかどうかは知らんよ。タイムマシンもないし。
    (宿老なのにお咎めがまったく無かったから、ノリノリだった証拠だって反論ももちろんある)
    ただ、秀吉に従って締め上げたから遺恨はないはずは、短絡過ぎる。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    秀次付きの大名って秀吉亡き後は政権中枢に横滑りしてもおかしくない立場だし
    その道が完全に絶たれて一介の大名と同列になったら悔しくないわけないと思う

  9. 人間七七四年 | URL | -

    横滑りできるようなガチの宿老はしっかり殺されてる。
    遺児や一族は、三成や秀頼の家臣に横滑りしている。

    山内らはただの寄騎だね。秀次ではなく秀吉の家臣。
    安堵ではなく加増されたりもしてる。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    秀次の家臣だから恨みがある→ポピュラー()
    秀次締め上げたから恨みがない→短絡過ぎる

    都合良過ぎるぞお前

  11. 人間七七四年 | URL | -

    福島正則なんかもと秀次付きでもないし、高野山行って秀次の首取ってきたやつなんですがそれは。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    福島は秀次事件前は伊予じゃねえか
    東海道関係ないわ

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    ポピュラーな説に、それはありえないと断定してきてるから、短絡だと言ってるの。
    だから、「ノリノリだった証拠だって反論ももちろんある」って言ってるでしょ。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    秀次領に対する文書の発給状況からして、その連中が秀次の宿老だったのは
    近江八幡時代の話で、尾張時代は与力大名になってるよ。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    うん、だから「関ヶ原の東海大名(福島=東海尾張)」が東軍についたのは秀次事件と関係ないよねって話

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    そんなこと言い出したら、そのポピュラー説とやらも短絡な断定だろと言ってるの。
    中立ぶりたいなら両方短絡とするか黙ってろアホ

  17. 人間七七四年 | URL | -

    >(宿老なのにお咎めがまったく無かったから、ノリノリだった証拠だって反論ももちろんある)
    >ただ、秀吉に従って締め上げたから遺恨はないはずは、短絡過ぎる。

    何が言いたいのかわからん
    どっちやねん

  18. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    同じ東海大名でも福島正則は聚楽組と一緒くたにはできないと思うが
    関ヶ原の前哨戦でも聚楽組はほとんど池田輝政の手になっていて
    福島組についているのは田中吉政ぐらいだし

    うまく表現できないんだが、福島正則と聚楽組はどうも毛色が違うように感じる
    同じ結論(=東軍)を出したとしても判断材料が同じだったとは限らないんじゃないか

  19. 人間七七四年 | URL | -

    ※16
    君は文脈を読めないタイプか。機能性文盲。
    もし逆に、山内らは秀次よりも秀吉に従っていたというポピュラーな意見に、
    秀次の宿老だったからありえないなんて言ったら、そっちを短絡的だと言うよ。

    歴史において相反する解釈が並立することなんてよくあるし、
    その内の1つを正しいと思うのは勝手だけど、
    そこで反する解釈を全否定したってしょうがないだろうに。

    ※17
    片方をにべもなく、ありえないと断定するのは違うだろって話。
    俺は「山内が秀吉を重視した説」が短絡的だと言ってるのではなく、
    単にそのような説で「秀次遺恨説を否定すること」は短絡的だと言っている。
    秀頼薩摩説のようなものなら別だけど。

  20. 人間七七四年 | URL | -

    だから中立ぶりたいなら最初からどっちも短絡とするか、黙っとけって。
    片方だけを短絡だなんだと中傷しておいて中立ぶるとか文書下手すぎ。
    (ヤバイと思って慌てていうこと変えたんだろどうせ)

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ※18
    うん、だから関係ないんだよ
    舞兵庫は秀次に最後まで忠誠をつくした前野の一族だしな

  22. 人間七七四年 | URL | -

    ※21
    OK、福島正則が東軍についたのは秀次事件関係ない。
    ここまでは同意見だ。

    福島正則が東軍についたのは秀次事件関係ないから、
    他の東海大名が東軍についたのも秀次事件関係ない。←?
    コレガワカラナイ。

  23. 人間七七四年 | URL | -

    与力大名だった田中・堀尾・中村・山内・一柳に、渡瀬後継の有馬豊氏・生き残った徳永寿昌と東軍に属したのは何かの因縁かなとは思うね。
    秀次事件は別にして豊臣政権下で一グループを形成していた可能性はあるんじゃないかな。
    そして所領が東海道筋となると徳川との関係を重視せざるを得なくなるのも当然かと。

  24. 人間七七四年 | URL | -

    因縁がどうのとか言うから変な話になるのではないの?
    大名として単なる政治的判断じゃないの?

  25. 人間七七四年 | URL | -

    ここの趣旨とは反するが、
    秀次事件のしこりが関ケ原の戦いの遠因の一つと考えている研究者もいるから
    この面からの研究が進むのを期待する。
    旧秀次系を含む東海地方の大名が秀吉の死後なし崩し的に徳川に加担したと考えるのが
    通説に近い考え方だと思うが、批判的な視点も必要な気もする。

  26. 人間七七四年 | URL | -

    ※20
    OK,OK
    まず俺は中立を装ってないから。片方を短絡的だと批判してるんだから中立なわけがない。
    装ってないのに、装ってると思い込んで批判されても困る。これで解決だな。

  27. 人間七七四年 | URL | -

    俺は出典厨じゃないけどさ、変に持論を展開し続けて荒れる流れにするなら、
    資料なり出して話せば良いじゃないのかな?
    ただの個人論なら、そう言う考えです。で終われば良い。

  28. 人間七七四年 | URL | -

    因縁とか関係なく東海道の諸大名は会津征伐に参加してたから
    そのまま東軍についただけという単純な理由だと思うのだが

  29. 人間七七四年 | URL | -

    ※28
    普通はそれ以外に無いよね?陣中で西軍に付いた人って確か一人か二人くらい?

  30. 人間七七四年 | URL | -

    ※22
    お前「東海道の城主が城を差し出したのは秀次家臣だったから」
    おれ「福島は東海道の城主で城を差し出したけど秀次家臣じゃないどころか首を取ってきたやつだぞ」
    お前「知らん!」
    おれ「は?」

  31. 人間七七四年 | URL | -

    ※26
    途中から中立ぶったよなお前
    めんどくさいことすんなよアホ

  32. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    喧嘩がしたいなら他所でやってくれませんかね?

  33. 人間七七四年 | URL | -

    ※30
    あなたの頭の中はよくわかったよ。残念だ。

  34. 人間七七四年 | URL | -

    秀次家臣だから云々根拠とする出展もなく、該当する話も出さず持論展開
    だけをし続けて、結局は拗れるだけ。

    最近ここのコメント欄は「僕の考えた凄い歴史」を披露する場になってしまったよ

  35. 人間七七四年 | URL | -

    安い挑発に乗って荒れるのは前から変わらないよ。
    荒らしに対するスルースキルが足りてないだけ

  36. 人間七七四年 | URL | -

    ※35
    挑発がどうのスルースキルがどうのじゃなくて、最初から検証してから書くなり、
    私はそう考えると注釈を付けるなりする、基本的なマナーの問題だろうよ。
    それに貴方の言う荒らしや挑発ってのが、誰の基準なのさ?管理人さんじゃ無いの?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10389-6efd7265
この記事へのトラックバック