主水正捕縛

2016年12月03日 08:59

381 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/12/03(土) 01:54:55.08 ID:6W60OM/7
同月13日(慶長19年9月)、囚人の原主水正(胤信)が駿府へ来着した。

天主教の宗門に傾倒し、その災いを恐れて去々年に逐電、東国に隠れて
いたのを、(徳川家康の)御下知によって捜索して搦め捕ったものである。

すなわち町司の彦坂九兵衛(光正)にお命じになり、主水正の額に火印を
当てて両手の指を切り、「この者を挙用する輩は曲事である」との旨の
胸札を掲げさせて、追却しなさった。

ところが、岡越前守貞綱が主水正を介抱したとの旨がお耳に入り、
御糾明になったところ、倅の平内が良友の好みにより、

領地に抱え置いたのだが、越前守は存じていないとの旨を陳謝したので、
同19日に平内は改易なされ、貞綱は無事であった。

また、駿府の耕雲寺に主水正が寄宿したのを訴え出た者がおり、住僧を
放逐なさった。

――『関難間記』



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    指切り落として助けた者にまで罰を与えるとか、そんな状態で生かすならいっそ、頃しとけや

  2. 人間七七四年 | URL | -

    歩く公開処刑だな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    その後も水正さんは布教を続けた為に家光の時代に捕まって火刑に処されてしまった

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >>主水
    ↑の※で区切る場所間違えてしまった

  5. 人間七七四年 | URL | -

    キリシタンは危険だから仕方がないね

  6. 人間七七四年 | URL | -

    wikiには岡貞綱は息子が大坂方についたせいで自害したとあった
    息子に振り回された挙句死んでしまったというわけだな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    なかなか胸糞の悪い

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10401-302d6c9a
この記事へのトラックバック