槌山城降伏の事 平賀隆保切腹の様子

2016年12月04日 10:29

382 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/12/04(日) 07:02:14.27 ID:sRqYOh7K
槌山城降伏の事 平賀隆保切腹の様子

>>345の続き
毛利隆元率いる吉田勢と吉川元春率いる新庄勢は仕寄をつけ井楼を組み上げ間断なく城を攻め立てた。
城中はたまりかねて、平賀新四郎隆保・大林和泉守が切腹することで
諸卒の命に替わりたいと申し入れてきたので、それを許可した。
平賀はいよいよ自害するときになって、介錯の者に向かい、
「私が合図するまで打つな。もし合図よりも前に打ったならば、悪霊になって憑り殺してやるぞ。そのときになって私を恨むでない」
と介錯の者に言った。
隆保は刀を抜いて西へ向かい、八識田中に阿字の一刀を下し、
「生死又截、涅槃又截」と唱えて腹を十文字に掻き切ると、臓物をつかんで手繰り出し、何度も切り刻んで捨てたけれども、まったく弱る様子がない。
新四郎は槌山城主の菅田たちに向かって、
「腹を掻き破ったらもう死ぬしかない。どうすれば私は死なないでいられるだろう。
硯と料紙をくれ。最後に歌を詠もう」と言い、
すぐに硯と料紙が整えられた。

隆保は硯を引き寄せ筆を浸して、歌を一首詠んだそうだ。
筆の勢いや墨の乗り方は、平常のときとまったく変わらなかったという。
「昔の物語でならこのようなことを聞いたことがあるが、
今目の前でこのような勇士を目にするとは」と、人々は皆舌を巻いた。
その後、新四郎は「さあ、首を打て」と言ったので、介錯の者は首を打ち落とし、隆保は漸く果てた。
大林はこれを見届けた後、腹を一文字に掻き切り介錯を受け隆保に続いた。
槌山開城の後、尾和秀義大内義隆から派遣されていた者らは皆帰され、これを受け志和の米山城に籠る天野隆綱は元就に従い大内義長に属する事となった。
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >>臓物をつかんで手繰り出し、何度も切り刻んで捨てたけれども、まったく弱る様子がない。
    >>硯と料紙をくれ。最後に歌を詠もう

    もうその血で書いた方が早いんじゃないかな?(ガクブル)
    切腹した後も何かしら行動するって逸話幾つか有るけど、アドレナリンの影響で逆に何も
    感じなくなっちゃうのかな?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    人魚の肉食べたか、体内に血仙蟲でも埋め込まれてたんじゃなかろうか

  3. 人間七七四年 | URL | -

    まあ荒っぽい開腹手術と思えば即死しないのは理解できる

    問題は激痛と失血の中でまともに行動できるかだ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    日根野弘就「腹を切ったら一晩ほど書斎にこもるくらいの心のゆとりがないと…」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    冷泉隆豊「急ぎ主人の冥府への旅の共をせねばならなかったので一晩待てませんでした…」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    昔、大学の講義で法医学の先生に聞いたことがあるが、この辺は千差万別で、八丁念仏団子刺みたいな話も本当にあるんだそうな。
    ただ、普通は出血多量で死ぬとか。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    目のデカイ銀色の人
    「え?血を流さず内蔵抜くとか余裕余裕」
    「まぁ、牛でしかやらないけどね」

  8. 人間七七四年 | URL | sSHoJftA

    米7
    銀色でなく灰色じゃないかい?

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    北斗の拳修羅の国編にそんなの居たな
    群将ガイゼルだっけか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10405-eea2bb8b
この記事へのトラックバック