石川丈山年老て勇気の事

2016年12月04日 10:32

377 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/12/04(日) 04:40:36.19 ID:1w5NDrXD
石川丈山年老て勇気の事

 石川丈山は、隠棲の翁となっても雄武の姿はあったという。
彼が隠棲していたあたりは山水幽閑の所であった。
翁は常に小流に出て自ら米を研いでいたが、
そのあたりの少年がそれを窺い上流に小便をしてしまった。
翁はかの少年に
「小便したかったら、米を研いでいるので下流でやれ」
と三回も同じ事を言ったが、少年は聞き入れなかった。
また研いだときにわざと上流で小便をした。
そのとき翁は手に槍を持って来て、かの少年を一刺しにした。
人はこれを見て、「あっぱれ勇士の末よ」と
その後は里人はますます賞嘆して畏敬したという。

(甲子夜話続編)



379 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/12/04(日) 14:20:16.48 ID:MB43rgnB
>>377
近所でも嫌われ者の悪童だったのだろうか。
丈山晩年ってとっぷり江戸時代だけど、時代的におとがめは
大丈夫だったのかな。1600年代中ごろ、詩仙堂辺りの出来事だよね。
殺すまでは至らなかったとか、すばしっこいのに一刺しが見事で、とかもあり得るか。

380 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/12/04(日) 15:01:57.58 ID:KpmEbH5r
無礼討ちの範疇やろ

381 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/12/04(日) 15:15:03.40 ID:VcRAbWcy
丈山みたいな大物ならそれで十分済んだか。
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >>かの少年を一刺しにした
    うん、これは刺して良いと思う!何時の時代でも調子に乗ったガキが居るものだね。
    ただ勇士ではないと思う

  2. 人間七七四年 | URL | -

    三回も警告してやるとかこの頃の人にしちゃ慈悲深いよな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    うっかりでも因果含めずにいきなり一刺しだったりするからなあ(´・ω・`)

  4. 人間七七四年 | URL | -

    斬ろうとするが失敗するのが政宗
    何も言わずに斬るのが忠興
    上流に来た時点で斬るのが長可
    後日家に示現流が来るのが悪久

  5. 人間七七四年 | URL | -

    美少年なら攫っていくのが義隆

  6. 人間七七四年 | URL | -

    後ろ2行のオチのつけ方が、なんか水滸伝に通じる
    不条理なものを感じないでもない

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >6

    李逵「おう、ちょっと面かしない」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    スネ夫「黙っていよう」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    注意、警告、最後通牒と、段階を踏んでから刺してるのか。
    この時代の勇という概念については、俺はよく分からないんだが、人に讃えられるような振る舞いだったという事だなぁ。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    老いて隠遁している儒学者だと思って舐めてたら、歴戦の勇士だったオチ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10406-505196d3
この記事へのトラックバック