福島正則と人柱 八振りの剣と雨夜踊り

2016年12月14日 16:58

415 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/12/14(水) 06:49:15.78 ID:0su8vjI9
福島正則と人柱 八振りの剣と雨夜踊り

関ヶ原の戦の後、防長へ改易となった毛利家の代わりに福島正則が芸備へ入封。
福島正則は国境の支城築城、国内の再検地や治水などの内政事業を次々と進めていく。
その中で困難を極めた事業の一つが本拠地である広島城下の治水であった。
毛利輝元が太田川下流の三角州を埋め立て作った広島城の周辺は新造の埋め立て地であるが為地盤が弱く当時度々洪水に悩まされており、
その中でも城の北東側に位置する猿猴川は何度工事しても堤防が決壊していた。
土地の者はこの上は川の神様を宥め、強い堤防を造る為には堤防に人柱を入れるしかないと決め、堤防には人柱を埋める事となった。
しかし、それを聞いた福島正則
「それは大変不憫な事である。人柱の代わりに我が持つ八振りの剣を堤に埋めよ」
と、秘蔵の名剣八本を箱に納めて堤に埋めて工事させ、堤防を修復した。
この時埋められた八本の剣の剣霊を祀って、当地には小さな祠が建てられ、今も八剣神社(広島市中区の牛田大橋南詰付近)として福島正則の治世を後世に伝えている。
またこの牛田周辺では7月15,16日の夜に雨夜踊りが行われていた。これは度々堤防の修復が行われ、その堤防を踏み固めて強固にする為、地元の人々を集めて堤の上で躍らせたのが起源であると言う。

(知新集)



419 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/12/14(水) 18:19:19.84 ID:OjGZ6yzm
>>415
猿猴「市松っつあん、剣やなあてアンタの好物の酒にしちゃりんさいや」

スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    カタナでなく剣なのか
    散逸した8本をあつめるとまばゆい光とともに伝説の槍(日本号)が復活



    するわけない

  2. 人間七七四年 | URL | -

    散逸していたら、誰が堤を護っておるのじゃ…
    そんな無粋な何かが頭に浮かんだ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    酔ってさえなければ流石の名将っぷりだが、酔ってなければつまらないな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    広島城に日本号の穂先(写し)があるから復活せんでも・・・と思ったが、
    復活もなにも本物福岡にあるぞ!!

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    ?「久々にキレちまったよ、表に出な酒飲みながら相手してやるよ」

  6. 人間七七四年 | URL | -

    酒を飲むと人が変わるのではない。酒を飲むとペルソナが外れてその人の素が出るだけだ。
    、、、という意見もある。


    つまり市松さんはとても自制心の強い人だったんだよ!!
    ゴメン、無理すぎた。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    元就「酒は早死にするぞ。餅を食べろ」
    隆元「・・・」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    清正が人柱を増産しているのを横目に剣を埋める人格者市松。

    …何か腑に落ちん。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    本多忠朝「酒はやめとけ」

  10. 人間七七四年 | URL | -

    肥後と安芸では他所から来た殿様への信頼とか経済的な差で民衆の考えにも違いが有ったのかもね
    肥後は佐々が来た時も反乱で大変だったし、清正も油断出来なかったんじゃないかな

  11. 人間七七四年 | URL | -

    常栄寺殿光禄大夫華渓大禅定門御尊父「一日一力一心と石に刻んで埋めればよかろうて」

  12. 人間七七四年 | URL | -

    尼子経久「盆踊りに来た若い娘人柱にするンゴ」
    吉川広家「イイね」
    堀尾吉晴「ワイもやったろ」
    生駒親正「通りすがりの豆腐屋人柱にしたろ!」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10427-7e2eb74a
この記事へのトラックバック