人で葺く

2016年12月26日 16:03

461 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2016/12/25(日) 20:41:55.00 ID:rz8P6Z61
名古屋城普請の時、諸大名が福島(正則)のところに集まって
饗応があったのだが、

ことのほか暴雨暴風で、小屋の屋根は持ちこたえられないほど
であったのに、少しの別儀もなかった。

さて、相仕が退去の時に屋根を見なさると、諸侍がことごとく
かっぱを着て、屋根の上に伏していた。人で葺いたのである。

小屋の上であるのに上がる音もせず、咳払いの音もしなかった
ということである。

浅野紀伊守(幸長)はこれを見て、家来の供の者に「これを見よ」
と、申されたということである。

――『山鹿素行先生精神訓』



462 名前:人間七七四年[] 投稿日:2016/12/26(月) 10:32:15.16 ID:pDCciezT
人間屋根って、男塾に有りそうなエピソードやな
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >>屋根の上に伏していた
    凄い光景だろうね
    暴風雨には耐えられそうに無いけど、大勢の人の体重には耐えられるのか
    覆いを石で留め置くとかじゃ駄目だったんだろうか?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    幸長「瓦かと思ったら人でフイタwwww」ってかwww

    あっごめんなさい八丈島は無理です泳いで行くのはアアアア!

  3. 人間七七四年 | URL | -

    魁!市松塾

    2
    日本男児ならやってみせんかい!

  4. 人間七七四年 | URL | -

    男塾名物

    ※2
    この血袋をつけ、サメのいる海域を通り見事八丈島まで泳ぎつくのじゃ!!

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >人間屋根

    むしろ俺は江戸川乱歩を連想した(ミスオタ脳)

    ……うん、俺も八丈島まで泳いで参ります。…カナヅチだけど

  6. 人間七七四年 | URL | -

    正則って本当に家臣から慕われてるし愛されてるよな。
    酒乱で無茶苦茶な逸話って、やっぱり改易後に殊更大げさに言われてるんだろうな。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    >酒乱で無茶苦茶な逸話
    いや、それは順当
    むしろ事実より控えめになってる可能性も

  8. 人間七七四年 | URL | -

    誇張で造られたなら素面に戻った時に大泣きしたなんて逸話があるわけない……

  9. 人間七七四年 | URL | -

    そういえば、運動会の「人間屋根が危ない」って社会問題になったな。えっ!?その「人間屋根」じゃない?

    えっと、八丈島は無理なんで、津軽海峡を横断してきます。
    凄い寒そうだけど、頑張ります。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    家来たち 「やーねー」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10461-2531d98e
この記事へのトラックバック