上杉謙信自画併辞世詩

2017年01月09日 17:45

496 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/01/08(日) 23:33:24.59 ID:OigyhAof
上杉謙信自画併辞世詩

ある人が語った。
先年越後総持寺の僧が、謙信自筆自像という一幅を持ち出していた。
これは上杉侯〔米沢〕の請願があったためだという。
この像は謙信が没しようとする二三日前に自ら図を描き、人に示しゆだねて

「これは我が遺像である。これで我が身を後に見るようにせよ」

と言ったそうだ。

 幅上に黒雲がある。中には金色の五鈷竪(五鈷杵?)が四方に黄耀霊光を放っていた。
雲下に一つの大朱杯があって酒が満ちている。
また辞世の語としたものが添えていた。

『四十余年一夢裡 一用事業一杯酒』

この句は謙信卒去の後に病床の下から出た物だという。
謙信は不犯の人で嗣子がなく、一生の間素食していたという。
しかしこの語を見れば一人の酒徒ではあったのだろう。

 白石の『藩翰譜』には、
この年二月の半ばから何となく体の具合が悪くなり、
同じく三月十三日、年四十九歳にして卒したという。
 註の『夏目か記』に葬送のことを執り行おうと枕の下を見れば、
辞世の詞とみえる

『我一期栄一杯酒、四十九年一酔間、生不知死亦不死、歳月只是如夢中』

ということを自ら書いて押し入れて置かれていたという。

(甲子夜話)

この絵、見たいですね



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    その肖像画はなんかの大火で燃えてしまったんじゃなかったかな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    景勝「お絵かきする元気があるなら」
    影虎「後継者を指名しておいてくれませんかね・・・」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    元就「その以前に酒やめれば良くね?」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    実は「本当に女性」で、「上杉家の祖が「女性じゃ、まずい」と燃やした」という説・・・を期待。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    あれ?複製か何かをどこかで見たような。本当に、雲と五鈷杵と杯以外描いてないんだよね。密教系の仏画にも宝玉と梵字だけで仏を表すものがあるけれど、あんな感じなのかしら。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    雲と五鈷杵と杯→お酒大好きフリーダム坊主
    と考えると微妙に的確な自己診断

  7. 人間七七四年 | URL | klcj.0UQ

    ※3
    市松「それを止めるなんてとんでもない」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    景虎と景勝の処遇を見れば、誰が後継者か一目瞭然じゃないか?
    景虎→蔵のある一角に小さい住処を与えられ放置、軍も与えられず、戦経験もなし
    景勝→春日城の中では、本城(謙信)に次ぐ中城を与えられ中城殿と呼ばれる
    大軍を与えられ実戦を経験し戦国大名として教育される

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10493-7918fb93
この記事へのトラックバック