豊臣家の台所

2017年01月09日 17:46

495 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/01/08(日) 19:39:56.89 ID:XKOv1VuV
豊臣秀吉公の時代、台所の衆は朝の日の出に参った。台所の詰め所の前に鐘があり、
この鐘を突いて、料理人や遣いの荒子などを集め、その人数を帳に付けた。

その後七つ半(午後4時頃)で業務を終え、朝の鐘の場所に再び集まり、それぞれが人数帳に
記載されていることを確認すると、台所の扉を外から閉じ、鎖の掛かった鍵を下ろして宿へと帰った。
この中に男は一人もなかった。

(慶長年中卜斎記)

秀吉の時代の城内の台所の様子、である。



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    豊臣家の台所というと、どうしても「真田丸」のしぶとい爺さんを思い出します。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    1
    やっぱアレだよなぁ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    現代のタイムカードですね。
    しかし午後4時上がりって、いくら昔の人が早寝早起きでも晩飯や宴会の時はどうしてたんでしょうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10494-88f7af19
この記事へのトラックバック