朝鮮攻の節、香蘇散の験

2017年01月11日 17:48

501 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/01/10(火) 23:22:56.32 ID:XIXVpzdu
朝鮮攻の節、香蘇散の験

 朝鮮攻のとき、渡海のうえ軍人達はかの国の水土に慣れていないためか多くが病を得た。
従軍の医師は正気散を用いたものの治らなかった。
時に清正の医が香蘇散を用いると、その陣は皆験を得た。
よって他の陣もこれを聞いて、その法を用いて治癒できた。
 その清正の医にその理由を問うと、

「軍中では病は鬱気から生じる。なのでこの方法を用いた」

人は皆その意見に服したという。

(甲子夜話続編)



502 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/01/11(水) 09:46:08.98 ID:nl2Kp85n
えっと、香蘇散の効能はというと
・体力があまりなく、胃腸が弱い人の風邪の初期
・胃腸虚弱で神経質な人への風邪の初期
                   なんやらよくわからん.....。
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    「船同士を鎖で繋ぐのがおススメですぞ?」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    全体として「胃腸に負担を掛けず、風邪の初期症状の緩和に有効です。」
    ってことでは?
    まあ、飯喰って、薬呑んで、さっさと寝ちまえ、ですけど。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    風邪は万病の元
    、、、ということで

  4. 人間七七四年 | URL | -

    葛根湯で胃もたれ起こす人向けらしい。
    魚介類のじんましんにも効くとか

  5. 人間七七四年 | URL | -

    正気散も香蘇散ももともと胃腸が弱い人体質の人が何かの理由で腹の調子がわるなった場合に使うみたい。

    ただ、正気散は夏に冷たいものを食べ過ぎたとか、体温体調の管理をミスったケースで使い
    香蘇散は神経質とか精神的な理由から体調を悪くしたケースでつかうのが違うらしい

    グーグルで調べただけだから責任は持てんけど。
    たぶん、最初の医師は朝鮮の気候風土で兵士がやられたんだと思い、正気散をつかったけど、
    後の医師は、戦役で兵士が精神的に参ったと思って、香蘇散を使ったんじゃなかろうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10499-bca7edc7
この記事へのトラックバック