真田幸村の智謀

2017年01月18日 10:08

527 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/01/17(火) 19:09:15.70 ID:qJMrCMga
真田幸村の智謀

上田籠城の時、織田、徳川、北条の三将、二十余万の大軍を以て百重千重に取り囲み、水も漏らさぬばかりに
ヒシヒシと取り詰め、哀れ上田城は粉々に踏み崩されんとしていた。
これには流石の真田昌幸も、城兵僅かにニ千余り、今は防御の術も尽き、如何にすべきかと思案し、苦慮して
いた所、倅の幸村、当年十四歳であったが、彼が『鶏卵煎り砂の謀計』を考えだした。

彼は鶏卵を二つに割り、中身を取り除いてこの中に煎り砂を入れて合わせ、水に浸した紙を割口に巻いた。
これを数万作り出し、それぞれの櫓に十籠、二十籠づつ取り備え、寄せ手を遅しと待ち構えた。

頃は天正十年三月二十五日の朝(ちなみに実際の第一次上田合戦は天正十三年閏八月である)、
織田徳川北条の軍勢はどっと鬨の声を作り押し寄せ、鉤縄打ち掛け勇みに勇んで攻め立てた。
城中よりは「時分はよし」と、件の鶏卵を合図とともに投げつけた。

兜面頬があっても、当たれば砕け、煎り砂は兵士の眼に入り、さしもの勇者たちも暗夜をたどるに
異ならぬ有様。城中よりはこれをみすまし、「時分は良きぞ」と、松本口の織田勢には真田源次郎(信之か)、
軽井沢口徳川勢には隠岐守信尹、笠ヶ城北条勢へは与三郎幸村、何れも三百余人を率いて鬨を作り
攻めかかれば、盲目に等しい寄せ手の面々は戦うことも出来ず、我も我もと敗走し、同士討ちするものも
あり、踏まれて死ぬものもあって、二十余万の大軍が、雪崩掛かって落とされたのは、たいへん見苦しい
有様であった。

この状況に信長は、如何にすべきかと思慮を巡らしたが、今だ良き工夫もつかぬ所に家康が現れ、
「鶏卵煎り砂の目潰しを防ぐためには、竹束を以て盾とし、鎧の袖を額にかざすより他、術がないでしょう」
そう献策した。
これにより夥しい竹束を用意し、またもや押し寄せた。

しかし幸村は「煎り砂に懲り果てた敵兵は、今度はこれを防ごうと竹束の盾を必ず用意してくるであろう。」
と推察しており、あらかじめ多くの投げ松明を用意していた。
果たして先手は竹束を束ね、、後ろに太い棒を取り付けた物をひっさげ、目潰しの鶏卵が今や降ってくるかと
待つ所に、城中は静まり返って音もせず、寄せ手充分に近づいた所で、一発の銃声が響くとともに、三方の
櫓より松明が投げつけられた。
すると油を注いだかのように、竹束はみるみるうちに燃え上がり、寄せ手の者達驚き騒ぎ、消そうとするも
うまく消火もできず、散々となって我先にと敗走した。

(芳譚)

何故か甲州征伐とごっちゃになっている上田合戦のお話



528 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/01/17(火) 21:11:13.13 ID:n+P9kTbE
>>527
鶏卵数万w

529 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/01/17(火) 21:11:38.99 ID:/3OBSLpx
幸村が活躍するなら、そんなことはどうでもいいんじゃないの
物語なんてそんなもんでしょw
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    突っ込む所は砂粒くらいあるけど取り敢えず鶏卵はスタッフが美味しく食べました

  2. 人間七七四年 | URL | -

    爆発卵を思い出した私は関西人

  3. 人間七七四年 | URL | -

    加藤光泰「今日の料理は炒り砂の鶏卵詰めです」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    鶏さんが一晩で産んでくれました!

  5. 人間七七四年 | URL | -

    「幸村のちんぼう」って読んでしまいました。宇喜多秀家さんと八丈島まで泳いできます

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >倅の幸村、当年十四歳であったが、
    中二病真っ盛りのお年頃と思えば
    こういう作戦を思いついたことは案外あったかも知れん

    かくいう自分も中学生の頃はあがががっががいだだだだ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    巷に溢れかえる陳腐な異世界転生モノもビックリな程の突っ込み所の満載っぷりである

  8. 人間七七四年 | URL | -

    信綱「甥のこんな作戦で、信長に勝ったなら、俺らの死ってなんだったんだろうな」
    昌輝「そうだな」

    食べ物で遊んじゃダメ!よい子は真似しないでね。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    昔に少年マガジンで連載していた、信長と信玄と謙信が同一戦場で三つ巴の決戦をするとかいう馬鹿漫画を思い出した。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    >食べ物を粗末にしてはいけない
    楠木正成「せやな(糞を投げつけながら」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    卵の中身はスタッフが美味しく頂きました。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >源次郎(信之か)
    どっちや…

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    それを言うのなら、ジャンプでは「戦国ARMORS」とか言うふざけた内容の漫画あったねw

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    ゲームでいいなら「無双オロチ ~魔王再臨~」でそんなシナリオがあったな
    ちなみに織田武田上杉の三傑を手玉に取った黒幕が今川義元というオチだった

  15. 人間七七四年 | URL | -

    まあドリームマッチ的なねw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10515-2e20527e
この記事へのトラックバック