【雑談】戦国時代展行って初めて知った事

2017年01月29日 12:35

559 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/01/29(日) 12:27:02.63 ID:n0T35VGg
戦国時代展行って初めて知った事

応仁の乱で焼けてしまった清水寺再建の勧進に
日野富子が6本寄進(1本20貫)
他は大抵1本位のところ越前の朝倉孝景(先代)が25本
朝倉なんとかは50本寄進
そういえば清水寺に朝倉堂ってあったっけ

三郎氏秀が人質になる前に北条氏邦が人質に
行っていて三郎と交換した事。

地黄八幡の文字が善光寺の額みたいに鳥っぽくなっている事。

北条氏綱の銘が入った鞍を氏綱が自ら造った可能性があると
の解説...

信長が切り取った蘭奢待を勧修寺晴豊が少し分けてもらって
泉涌寺で行われた親父の法要で焼香に使った事



スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    地黄八幡の字が鳥なのは、鳩やね。
    鳩は八幡さまの御使いだから。
    我が国では本来は鳩は平和の象徴じゃないなあ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    駅前に歩いてる鳩が美味しそうに見えて仕方ない。

    ちょっと、まーくんの母上の料理を味見してくる。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    今日、見てきました。刀剣が長蛇の列が出来てましたが、それ以外はスムーズに見れました。
    佐竹義重の「毛虫の前立て」は、なんかサンバの衣装っぽさがありました。「出羽のいっこく堂」こと「秋田愛季」の肖像は、確かに「いっこく堂」に似てました。図録で「浅井長政」肖像を見ましたが「大福っぽい顔」で、秀頼は「祖父の長政似」説に納得しました。信玄の肖像は本来のイメージを見事に壊してくれました。何て言うか「垂れ目の信長」を想像してくれれば。あと、氏康が謙信に「三郎(景虎)が越後に向けて、出発したという手紙には「今、三郎を向かわせました。信玄が攻めてくるかもしれないという心配から、遅れましたが、間違いなくに送りましたから。」と長い弁明の手紙には、笑いました。
    三郎と柿崎晴家(景家の息子)、氏規を交換する時に、氏康が謙信に宛てた手紙もありました。
    図録買えば良かったな。


  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    室町時代の史料で鳩が出てくると、ほぼ確実に足利氏の事をさすらしいね。
    八幡神の加護を受けた源氏の棟梁、という連想からみたいね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >刀剣が長蛇の列が出来てましたが
    やっぱり、刀剣のところは人が多いかぁ。(今月福岡で実証済み)
    京都の方は鬼切丸は出てないはずだから、あまり多くないと良いけど
    図録は通販があるかどうかは書いてないな。随分重そうだ。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ハードカバー箔押しの豪華な表紙の割にはお値打ちだった。
    でも確かにすんごい重かった。つい口に出して「これ持って帰るの?」とつぶやいたら、隣にいたおじさんが笑いながらうなずいてた。
    東博の春日大社の方も行きたいが、、あっちも混んでるだろうなぁ、、、

  7. 人間七七四年 | URL | -

    三好長慶を「ちょうけい」って、ずっと思ってました。「ながよし」と読むのを解説書見て、初めて知りました。

    足利義輝の下絵では「あばた顔」なのに肖像画では消えてました。よく芸能人が写真を修正してますが、この時代も絵を修正するんだと思いました。
    あと、古銭が入った壺を見た時はショッキングでした。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    天然痘はありふれた病気だったから仕方ないね>あばた顔
    ヨーロッパの肖像画家もあばたは消すのが暗黙の了解やったみたいや

    ワイはうっかり初場所の初日に行ったせいでもう相撲の記憶しかない

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >7

    古銭が入った壺は。なかなか目端の利く人がいた証拠。
    当時、銭が不足気味で、全体的にデフレ傾向だった。
    撰銭(通用力のある貨幣の選別行為)もしょっちゅうやっていて、この結果、かえって通用する銭が減って、余計デフレになる。
    この状況だと、銭をためておくと、デフレ(物品に対し金銭の価値が高くなる)によって、何もしなくても利益が得られる。
    このため、埋蔵金を埋める人が出るんだけど、諸般の事情で(たとえば、本人の死亡とか)、場所がわからなくなり、そのまま行方不明になり、大量の古銭が、歴史的遺物として出てくることがある。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    伊達家の13代当主の伊達尚宗(ひさむね)」の肖像見てたら、後ろから見てたおじさんが「これ、誰?」を連発してました。伊達家は「政宗」しか有名じゃないですしね。葦名盛久の座像は眼光が凄かったです。

    埋蔵金というと、どうしても赤城山を思い出します。

  11. 名無しさん | URL | -

    >>刀剣が長蛇の列が出来てましたが
    >やっぱり、刀剣のところは人が多いかぁ。(今月福岡で実証済み)

    ゲームの影響かなぁ。
    単純に、名刀の刃紋とそり方をじっくりと見たいんですが、
    しばらくはどこ行ってもそれはかなわないですかね。

  12. 5 | URL | -

    ※6殿
    やっぱり重いですが、けどお値打ちものならがんばって買います。
    ※11殿
    >ゲームの影響かなぁ
    福岡に関してはそうです。
    今年は福岡市博物館とゲームのところがコラボレーションしているので。
    1月21日に
    第4回九州大名家資料研究会トークイベント「九州大名家伝説の名刀と拵え」
    というのがあったので
    (1月21日、国宝名物「へし切長谷部」と名鑓「日本号」が並んで展示中の福岡市博物館に、九州大名家の資料を収蔵する博物館のスペシャリストが集合。
    九州の大名家に伝わった伝説的名刀と拵えについて、黒田家、細川家、島津家、立花家等、大名家の指定刀剣を中心に、その所有者にまつわる伝説・伝承から江戸時代における大名道具としての位置付の変遷、そして近代における新たなコレクション形成と文化財指定への道筋に至るまで、各家の資料を保存する博物館学芸員にご登壇いただき、様々な視点からトークを繰り広げます)
    福岡市博物館に行ったら
    ・朝一で福岡に来てそのまま博物館に来た人でいっぱい(ロッカー満杯)
    ・圧切長谷部と日本号のパネルや書き下ろしイラストに長蛇の列
    ・圧切長谷部と日本号を見る為の列の最後尾が見えない(列が長すぎて)
     (これで常設転なんだけど・・・)
    ・トークイベントは事前予約だったがあっという間に席が埋まる
    (今までにないことだそう)
    ・会場の九割がた若い女性
    感想 とても面白がったが、時間の都合でか島津家の話がいっさいなかったのが残念

    >しばらくはどこ行ってもそれはかなわないですかね
    日にちや時間帯を工夫したりして、またゲームに出てない刀剣などは見やすいかも。
    圧切長谷部も平日であればわりかしゆっくり見ることが出来ましたし、
    皆焼も良く見えた。
    数日前は立花家の国宝銘吉光を都城島津伝承館でほとんど貸しきり状態で見ることが
    出来ので・・・(行くのがちょっと不便ですが)

  13. 人間七七四年 | URL | -

    そういや「備前おさふね刀剣博物館」の近所にすむ知人が
    「なんとかゲームのお陰で、あそこの入場者に若い女の子が良く来るようになった気がする」とか言ってたなぁ
    博物館側もいろんなサブカルとコラボしたりしてるっぽいし、「名刀の聖地」として地元も徐々に県内外にアピールしている

    一度行ったことあるけど、中々見ごたえあるんでオススメすよ、行くなら車のが便利なんで免許持ってない方は行きにくいかも知れませんが(宣伝)

  14. 人間七七四年 | URL | -

    割とマイナーだった水戸の徳川ミュージアムまで、結構人がいたしなぁ。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    徳川ミュージアムは、ゲームにも出ている
    燭台切光忠があるから人気あるし。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    >>刀剣が長蛇の列が出来てましたが
    純粋にスペースの関係上で込み易いってのもありますよ?
    第一書かれている解説文が小さい上にそれなりの長文なので、
    読むのにも時間がかかる.

    それに毛利元就の手紙の所も、同じく長文だから激込みでした。
    読み終わるのに最低でも5分くらいは掛かるw
    一応翻訳文があるのですが、本当に毛利家の体質が良く伝わってくる
    内容で、ここに掲載され続けてきた毛利家像その物だったw

  17. 人間七七四年 | URL | -

    他では、どうか分かりませんが、「江戸東京博物館」では、後ろから見れるように配慮されてて、「さっと見たい人」は、そこから、ゆっくり見たい人は列に並ぶって感じでした。
    前で刀を見てる若い女性の方は熱心にメモを取ってました。
    私は「刀剣」に疎いっていうか、興味がないので、もし、誰かに「刀剣の解説」されたら、北島マヤみたいに白目になってるかもしれません。

  18. 人間七七四年 | URL | SFo5/nok

    朝倉何とかさんは、宗滴さんに一族でもお金持ちと言われた系統の人でしょうか?

  19. 人間七七四年 | URL | -

    「川中島合戦屏風」では、有名な「信玄と謙信の一騎討ち」が描かれてました。「信玄が座って、謙信の刀を受け止める」でなく、「川の中でお互いに戦う」のが描かれてました。
    謙信の姿なのですが、鉢巻きした姿で、どう見ても「大工の棟梁」か「ラーメン屋の店主」しか見えず、吹きそうになりました。「戦国無双」とコラボしてるので、案内ガイドが「無双」の武将でした(案内の声は、武将を演じた声優さんですが)前半は「西国」、後半は「東国」の武将に分かれてたみたいです。
    ガイド代が「540円」だったので、払うのが惜しかったので、やめましたが、払って聞けば良かったな。若い女性が多いですが、着物姿で来てる女性も見かけました。こういう特別展や歴史イベントで、着物姿の若い女性を見かけますが、洋服より着物の方が落ち着くのかな。
    色々と発見があり面白かったです。図録は「ミュージアムショップ」で買えるかな。

  20. 人間七七四年 | URL | -

    戦国時代展、展示物のガラスに頭をぶつける人が多く、ガラスに油がくっ付いて結構汚かった印象

  21. 人間七七四年 | URL | -

    ゲームに出ている刀剣も二振展示されていましたし(五虎退と鬼切安綱/鬼切丸、髭切)、東京会場の最終日だったので余計に混んでいたのでは? 私が先週平日に行った時にはそれほど混んではいませんでした。

    図録は二千五百円で、たしか公式サイトでも販売しておりましたよ。分厚い本でしたので会場でよりもこういった場で購入した方が楽かもしれません。
    京都会場で鬼切丸の展示はありませんが五虎退の展示予定があったように記憶してますので、休日はやはり混雑してしまうのではないでしょうか。

  22. 人間七七四年 | URL | -

    今日、戦国時代展の京都会場初日に行ってきました。
    朝一結構人が並んでましたが、講演会がありそれが終わった昼頃に入ると無茶苦茶混んでいるわけではなかったです。程々でした。刀剣も五虎退だけ(ゲームに出ているのは)なので他の所と同じくらいの人混みなのでタイミングを図れば結構しっかり見ることができますよ。
    (むしろ、梅花祭中の鬼切丸の方が混んでた)

  23. 人間七七四年 | URL | -

    五虎退のオリジナルイラスト公開と
    クリアファイルプレゼントが三月一日から
    五日だそうなので、ゆっくり見たい人は
    この日を外せばいいかも。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10538-19624d46
この記事へのトラックバック