内裏の修理を完了

2017年02月03日 10:59

574 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/02/03(金) 00:29:23.06 ID:sJ2XoiVV
内裏の修理を完了

内裏はいまや朽廃し、元の姿をとどめぬほどだったので、
信長は御恩に報いるため修理して差し上げようと考え、
先年(永禄12年)日乗朝山と村井貞勝を担当の奉公に任命した。
それから3年かかって紫宸殿、清涼殿、内侍所、昭陽舎、
そのほか諸々の建物などすべての工事を完了した。

さらに宮中の収入面において後々まで困ることがないようにと、
信長は思案を廻らし、京都市中の町人に米を貸付け、
毎月その利息を宮中に献上するよう命じた。
また零落した公家たちの領地と相続のことに関しても、復興のための諸施策を実施した。
天下万民の満足、これに過ぎるものはなかった。
信長の功績と名誉、および織田家の威勢は我が国において他に並ぶ者がいないものである。

また信長は領国中の関所を撤廃した。
点火の安泰を図り、往還の旅人の便を思いやる施策は、
慈悲深い信長の心から発したものであって、
このことにより神仏の加護も果報も誰にも増して恵まれ、
織田家がますます栄える基礎を築いたのである。
これもひとえに信長が
「道を学び、身を立てて、後世に名を残そう」
と望んだことだからである。めでたいことである。

582 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/02/03(金) 11:43:11.27 ID:sJ2XoiVV
>>574
信長公記 巻4 元亀2年(1571)です


575 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/02/03(金) 00:40:23.32 ID:iWka4lYR
いい話だけど、その数年後に本能寺の変か・・
諸行無常、盛者必衰

576 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/02/03(金) 00:51:25.94 ID:gB0AAng4
信長より父親の信秀が尾張守護代家臣の地位で内裏修繕費に4000貫寄進している事に驚く

津島支配だけでそれだけの経済力があるなら、子供の信長が上洛後、堺を支配したがるのも分かる

583 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/02/03(金) 17:26:24.38 ID:iWka4lYR
>>582
本能寺の変の約10年前だったんですね
御貸米制度や内裏修理完成はもう少し後の話だと思い込んでました(汗)
ご指摘ありがとうございます
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    だいり の しゅうり が おわり

  2. 人間七七四年 | URL | -

    コレでも信長が朝廷を廃したがっていただの、無視してただの書くやつも信じているのも居るんだよな
    俺の叙任はいいから息子にくれて貰えないか、とか信長の政権移行を意識しているとしか読み取れないんだがなぁ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    御所に献金しない義昭を公開説教するくらいには朝廷好きだよな、信長

  4. 人間七七四年 | URL | -

    信長の天皇家蔑ろ説は、やはり比叡山辺りの逆恨みなんかねぇ…

  5. 人間七七四年 | URL | sSHoJftA

    「京都市中の町人に米を貸付け、毎月その利息を宮中に献上するよう命じた。」
    豊臣秀長が後にやった「奈良貸し」に通じるものがあるな。
    戦国時代ではないが、徳川吉宗の文書で「コメを寄進するので、貸し出して利子を取り運営費に当てるように」というのを熊野速玉大社の宝物殿で見たことがあるから、割とよくある都市課税の形なんだろうか

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    その手の誤謬は、史料の誤読か解釈の誤りが主因だなぁ。
    あとは講談や軍記物を史料として扱ったあげく陥穽に陥るパターンも鉄板だね。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    米3
    将軍の代理で内裏を修理したんだな

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ちなみに織豊時代~江戸時代において最も天皇家に冷淡だったトップは暴れん坊将軍

  9. 人間七七四年 | URL | -

    戦後盛んになった革命児イメージが一人歩きして勝手に「旧時代の象徴」である名門と仲が悪かったことにされてるんだよな
    実際には明確に良好関係だった史料が残ってる朝廷はもちろん
    義昭や斯波義銀ですら可能な限り関係悪化しないように動いてた感ある

  10. 人間七七四年 | URL | -

    比叡山焼いちゃうようなヤツだから朝廷だって…というような、単なる印象も世間の誤解を後押ししてるんじゃないかと。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    「慈悲深い」信長様が、自ら「神」と拝めさせることになるなんてね。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >点火の安泰を図り
    殿いつの信長か

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    それフロイスだしさ

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※13
    ※11みたいな勘違い(?)もフロイスの報告書(と彼自身)が
    アレな事を知らなければそのまま信じてしまうのだろうかねぇ

  15. 人間七七四年 | URL | -

    また変なイメージを植えつけようとする学者が何か言ってる模様。

    東洋経済オンライン
    山岸 良二
    「織田信長は「部下に嫌われる鬼上司」の典型だ 「ムチャぶり」も酷いし、怒ると怖すぎ… 」

    今更な視点をさも自分が見つけました的な言い回しで語るおっさん乙w

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    神をなんだと思ってるのか
    神だって怒りもするし慈悲もあるぞ

  17. 人間七七四年 | URL | SFo5/nok

    比叡山も麓を焼いただけだぞ?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10550-5f5fe6fe
この記事へのトラックバック