『徳は善政に在り。善政は民を養うに在り』

2017年02月07日 15:26

592 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/02/06(月) 20:41:30.36 ID:lRnEA01U
三州柏崎の百姓が、公事の不正を言い立てて訴訟に及んだが、終に負けとなった。
この時の町奉行は本多作左衛門重次であったが、この百姓「判決は依怙贔屓である」と、
方々にて悪口を吐き、あまつさえ落書などして誹謗した。

本多作左衛門はこれを聞いて、重ねてその公事人を呼び出し再審査を行ったが、
それでも判決は変わらず、今度は不正を言い立てたこの百姓を斬って捨てた。

その後、酒井河内守重忠が同じような公事を沙汰した。
公事の不正を言い立てて負けた百姓が散々悪口しているということを酒井は聞くと、
彼は地下人達を呼びつけ、どうしてそういう判決に至ったかを順々に説明し、敗訴した側にも
どこに非があったのかを言い聞かせ、得心するように理を解いた上で、悪口した百姓も
そのまま差し許した。

徳川家康はこの二つの裁判について、両人にその道理を尋ねた。
本多作左衛門は
「上を侵す者をそのまま差し置いては締まり無く、悪事も募りますから、毅然として申し付けました。」
と答えた。

一方酒井重忠
「こんな事で人を殺していたら、今後の奉行は必ず威を振るい、驕りが出てしまうでしょう。」
と答えた。

両人それぞれの政道であり、家康はこの事について、物を知る者に尋ねた。彼が申し上げるに
「上に逆らう者を刑罰するのは、定まった決まりですが、殺さずに治まることであれば、
殺すべきではありません。人を殺すというのは、やむを得ぬ上に行うものです。
尚書にも『徳は善政に在り。善政は民を養うに在り』と見えます。」

これを聞いて家康は、酒井重忠を一層大切に思ったとのことである。

(武野燭談)



595 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/02/06(月) 22:44:49.94 ID:tjUQOI5Q
>>592
>それでも判決は変わらず、今度は不正を言い立てたこの百姓を斬って捨てた。

さくざがしかる(物理)
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    興味深いことに洋の東西を問わずに
    世が平穏になるにつれ厳罰が科せられることは少なくなる傾向にあるようだ
    江戸時代でも前半と後半を比べると、対象範囲や処罰内容が緩和されている
    思うに本田は今=現実を重視し、酒井は将来=理想を重視したと言える
    進歩や改善のために継続が必要とされるならば
    現実だけに拘る姿勢は継続性を無駄にしているということなのかもしれない

  2. 人間七七四年 | URL | -

    直江「判決は閻魔大王に丸投げするわ」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    一度は再審してるだけ、さくざも丸くなってる

  4. 人間七七四年 | URL | -

    確かに殺さずに治まるならそれが一番だけど、恐らく1560~70年代の三河だからなぁ…
    殺さないと治まらない時代だったとも思うし、作左が間違いとも言えないと思うわ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    そう言えば、三川武士=面倒臭い人達なら、その領民達の気質ってどうだったという話って直接は
    出てきませんよね?やっぱり同じく面倒臭い人達だったのかな?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >家康はこの事について、物を知る者に尋ねた。
    佐渡に見えて仕方ない。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    昔々の三河の農民が面倒くさいという話ですが、うちの町の江戸時代の資料には、隣村と水争いで怪我人まで出したけど、代官が調停に入って必死になだめたとか、水不足で米が少し不作だった程度で勝手に年貢を減らして領主(旗本)に事後報告だけで済ませちゃったとか、天領をいいことに結構楽してたとの話がありました
    ちなみにその被害者領主の1人には、あの曲渕家もいました(笑)

  8. 人間七七四年 | URL | -

    さくざが斬る!じゃないですかやだー
    なんか時代劇のタイトルみたいになっちゃったけど

  9. 人間七七四年 | URL | -

    三河武士は別段忠誠心が高いわけではなく
    当時の武士の範疇だったのが
    家康が天下を取った後に、日本一の忠義もの集団と
    創作されただけだからなぁ
    作左衛門のやることはやくざえもんだから仕方なし

  10. 人間七七四年 | URL | -

    さくざが怒る!

    超人気シカルダー
    こいつは凄いぜ!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10560-01eb29b1
この記事へのトラックバック