上野介、良く聞け。

2017年02月08日 10:34

607 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/02/07(火) 21:02:00.89 ID:4ith6HzQ
本多佐渡守正信がある時、子息上野介正純に言った

「逆心は天命に背くと知りながら、北条義時が主君の後を断絶し、己が威を逞しくし、
天子を改めるなど、無双の悪逆を行いながら、時の勢いにてこれに与するもの多く、九代天下を
保った。
その後も北条の業績を真似る者はあったが、北条ほど事を謀るものは無かった。

細川勝元が先祖頼之の業績を学ばず、遠き北条の後を追い、応仁の乱を引き起こした。
これは細川、山名が威を振るったためである。であれば彼らが志を立てて名を揚げたかと言えば、
そうではない。共に死亡して、あまつさえ将軍家の武威を失落させた。

上野介、これを思え。
勝元がたとえ逆意を振るっても、その子政元に忠義が有れば世は治まったはずだ。
しかし政元はますます驕りを極め、将軍義材を退けた。
この君が悪主であったのなら替える例もあるだろう。しかし義材には武道尊氏の風格あり、
六角高頼を退けた時は、足利家は昔に帰るかと言われたとか。
それなのに政元はこれを廃して、幼主義澄を伊豆国より申し上らせ、己が威を恣にした。
彼も父に劣らぬ不忠至極の者である。よってその身も終に滅びた。

上野介、良く聞け。
武家は軍法、武備を諸道の根本としている。軍法と言っても戦をする事ばかりではない。
軍法とは常の備えである。善政は勝ち、悪政は負ける。勝ち負けの根本は国を治めることにある。
例えば、樹木の根が深く入り能く栄えているためには、まず根本を培う事が大切である。
それから段々と成長するに従い、養いを能くすれば、枝葉栄え、花咲き実も多く成る。
少々枝を刈り取ったところでその樹の本体が痛むことはない。
このように、天下国家の基本となる大法を取り失わない事が肝要である。

士農工商は天下の四民であり、そのうち士において、家の老職を仕る者は、農工商を以て
木の根を培うように、これを慈しむべきなのだ。
諸士は木と同じであり、合戦の仕方は枝葉と同じである。そして勝ち負けは花や実に等しい。

基本を失ってはならない。基本というのは忠信を成すことであり、そこから諸事は出るのだ。
おおよそ、忠を成すにも色々とある、身を以て忠を致すもあり、心を以て忠を尽くすもあり。
家老、侍大将などの忠は、主人の前には一月に一度も出なくても、一筋に忠を以て君を守護し、
政道順行を以て君の英名を高くするのを、良き家司と言うのだ。

また、忠ににた不忠がある。
例えば石田三成は、非常に上慢な人物であり、大風雨の夜など、御城廻りの破損の状況を逐一
見て回り、明けて卯の刻(午前6時頃)には報告した。御普請奉行からの報告は巳の刻(午前10時頃)
であった。
これは一見、その職の責任感より生じた、分別ある行動に見えるが、実際にはその家、その家中のために
成っていない。

人は心入こそ大切である。一言の情に一命を惜しまないのは、士が義を知るが故なのだ。
とりわけ老臣は、心入一つの者であり、忠義を心にかけて思う時は、自分の位階、職分、身代より
心を引き下げるべきである。
私は佐渡守にして頂き、重用していただいているが、元来愚痴暗鈍の者であり、多くの御慈悲により
今日までつつがなくご奉公することが出来たのだ。
その方もお側でお言葉を伝える役目を務めているのだから、後々重用されるだろう。しかし驕る心が
少しでもあれば、それは不忠、不孝の至りであるぞ。」

(武野燭談)



609 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/02/08(水) 15:10:50.62 ID:p76OzpPh
主君に仕えるには忠心一番でいいかもしんないけど問題は家臣同士の争いだよねー
隙を見せると足下すくわれるからなあ
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    三成は善意でやってるから更にタチが悪い。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    別段三成悪くないだろ。奉行がもっと働けば良かっただけ。能力が劣ってるのを三成のせいにしてる。
    そんなに文句があるならより一層働けよって事だよ!ただ配慮が必要なら、報告は朝一で奉行にするべきか。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2さん、そのがんばりすぎが関ヶ原に繋がったとか思えないですかね。過ぎたるは猶及ばざるが如し

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2さん、例えば貴方は真面目に仕事してるのに、仕事の出来る同僚が勝手に貴方の仕事までしてしまいました。
    そのせいで、貴方は上司から仕事出来ない奴だと評価される事になったら、同僚に対してどう思うのかな?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    まぁ同僚ならいいけど上役になる人だったら
    自分がやるんじゃなくて人にやらせるようにしないと
    最終的に仕事を全部抱え込むことになって自滅するわな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    斯波高経「同僚の分の仕事を代わりにやってあげたら逆恨みされたよ。なんでかなあ?」
    佐々木道誉「自己アピールのために同僚を当て馬にしただけにしか見えなかったからじゃね?」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※3・4
    その仕事の出来ない奴が毎回仕事を止めてるor捗らない状況を作ってるなら十分に無能だろう
    今回は明らかに被害が出る程の自然災害なのに、奉行が率先して動かないのならそれも無能
    責任ある立場だからこそ、部下よりも早く動いて指示を出すべき!
    特に武野燭談は江戸中期の書物である以上、三成の評判落とす意図があっても不思議じゃない

  8. 人間七七四年 | URL | -

    天庵「愚痴暗鈍…まあ昼行灯よりマシだろう」
    菅えもん「帰りますよ、殿!でないと色々なブーメランが……」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    奉行が無能だから奉行の所為、では済まないよ。そういうのを奉行にしてるのは誰なのかって話に必ずなり、結果として豊臣家の威望を貶めることになる。そう考えたら、三成が優秀かどうかはともかく御為に良かれって感じにならないのは明らかでしょうよ。それを忠に似た不忠と言っている

  10. 人間七七四年 | URL | -

    まあ三成は三成、本多佐渡は本多佐渡でいいではないか
    そうでなくても皆考え方は違うんだし

  11. 人間七七四年 | URL | -

    理解した上で「納得いかない」とか「ここがおかしい」なら考え方の違いでいいだろうが、※2は"忠に似た不忠"を分かってないじゃん。誤解で文句言うのを放置するのがそんなに結構なことか

  12. 人間七七四年 | URL | -

    まあ治部様は上司や部下だったらいいけど同僚だったら嫌だよね(´・ω・`)

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    部下としては駄目だろう。
    他の部下の面目を潰して回るから上司は関係修復だけでも大変だわな。

  14. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    上司が指導力や調整能力に富んでいれば問題ないでしょう
    ただし
    上司が幼君などで調整能力やカリスマを欠いていれば問題でしょう

  15. 人間七七四年 | URL | -

    一見優秀な人:
    自分が担当者をさしおいて行動する
    本当に優秀な人:
    当夜の内に担当者に気をつけてた方が良いと示唆しておく


    正信というか、徳川の内政方は実際そうやって組織統制していたイメージがある。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    三成が周囲にどう思われているか秀吉が気付きそうなもんだけど
    察した上で三成に憎まれ役を押し付けてたのかねえ

  17. 人間七七四年 | URL | 3fG4OT3o

    件の逸話は、奉行が遅かったじゃなく三成が早かったと読むのが自然だと思ってるかな
    本来の役割の者より迅速かつ正確に仕事してるから「一見して忠に見える」という評価なのだし

    ただ、そこを抜きにして仮に奉行が無能で怠け者だったとしても、だからって横から勝手にそいつらの仕事を奪って顔を潰してしまうのが忠義に当たるかどうかって考えれば答えは否だよね、結果として組織全体のためにならないことをやってしまってるから「実は不忠」だと言われると

    ただ単に個人が仕事熱心なだけでは忠かどうかは分からない、その人の行いがお家全体のためになってるかまで視野を広めて評価しなさいって話なんだろう

  18. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉にお湯を差し出したエピソード見ても三成は気配りの人で能吏だけど、
    気が利くのは良いけど、己が職分や任されてる領域を超えて他者の仕事取っちゃうと、取られた人は良い気しないしヤル気無くすよね。
    よほどその普請奉行が忙しくて困ってる時ならともかく、毎回されたら…
    出来る人故に陥る負の部分てところかしら

  19. 人間七七四年 | URL | -

    自分の理解→自分の理解のまとめ→然るべき行動
    という図式が不忠な忠臣の思考パターンと言ってるのかな。
    自分の理解→周囲に報告→然るべき行動
    という、仕事を回す人間の思考パターンが良い忠臣?
    うーん、分からなくなってきた。

  20. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    どんなに優秀で上に忠実でも、他人の職分を犯した仕事ぶりではでしゃばりにしか映らないでしょ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10561-966cbc26
この記事へのトラックバック