鼻の色はかはりにけりな異な面に

2017年02月16日 17:16

651 名前:人間七七四年[] 投稿日:2017/02/16(木) 00:02:05.81 ID:rG1cVaCH
ある日(島津)忠恒公が徳田大兵衛(侏儒どん)の宅へ御出でになるという仰せがあった、
そこで大兵衛は屋敷を清めるやら庭の掃除の下知をするやら忙しかった、
さて自分も湯に入って潔斎したのち、今か今かとご来駕を待っていた、けれども
仰せでになった時間までにいかなる御都合かして、御出でが無いので、
待ちくたびれて大兵衛は縁側へ寝入ってしまった。
その後程経てから殿様の乗り物がやっと徳田の屋敷に着いた。
すると大兵衛は心地よさげにすやすやと良く寝入っている始末であるから、
近侍の者共が大兵衛を起こそうとする、殿様は「しばらく待て」と制しながら
硯を取り出させ、筆にタップリ墨を含ませて、大兵衛の鼻へ一杯塗り付けさせられた
然る後ち近侍の者をして大兵衛を揺り起こさせられた、大兵衛が不覚の眠りを
詫びるのには耳を貸さずに殿様は
「大兵衛鏡を見ろ」との仰せである。何かは知らねどご上意のまま
自分の顔を鏡に映すと、鼻が真っ黒く塗られている。
殿様は笑いながら、「大兵衛どうじゃ、即座に一首仕れ」と言われると、
例の侏儒のことであるから、言下に次の歌を詠んだ。

鼻の色はかはりにけりな異な面に わが身湯に入り長寝せし間に

これは言うまでも無く、百人一首の中にある小野小町の和歌を詠みかえたのである。
(日当山侏儒戯言)


参考
花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに
小野小町




654 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/02/16(木) 06:18:07.98 ID:vJ8/2DEi
>>651
何が起きるかドキドキした
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    管理人様、小野小町の和歌の追加
    ありがとうございます。(651)

  2. 人間七七四年 | URL | -

    侏儒どんの本当に賢いところはこんだけ殿のお気に入りなのに権力に無縁だったことだと思うの

  3. 人間七七四年 | URL | -

    >権力に無縁
    確か石高が六石か三石だものな。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    悪久は名人の腕前を試すのが好きなのかね

  5. 人間七七四年 | URL | -

    「寝てる人の顔に落書き」ってこの頃からメジャーだったんだな…

    昔、修学旅行で寝てる合間に顔に「愛」って書かれた同級生思い出した

  6. まとめ管理人 | URL | -

    ※1
    どういたしまして~。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    張飛「おれなら火をつけてやるね」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ガキのいたずらじゃねーか!w
    あれ?なんか法螺貝の音がする

  9. 人間七七四年 | URL | -

    小学生の頃、日当山侏儒どんの話を読んだとき
    殿様は義久か、義弘だと思ってたんだよね。

    家久(忠恒)のことは就職してから存在を知ったよ。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    自分も「島津の殿様」が悪久の事と知ったのは
    大人になってからだな。
    侏儒どんの話しで義弘の名前が出てくる物もあるには
    あるけど。
    あと、侏儒どんの名前(大兵衛)を名付けたのは
    別の「島津の殿様」です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10582-53684984
この記事へのトラックバック