週間ブログ拍手ランキング【02/16~/22】

2017年02月22日 21:22

02/16~/22のブログ拍手ランキングです!


鼻の色はかはりにけりな異な面に 42

思う事 一つ叶えば又二つ 17

これが武道の眼つよみ第一 15
井上正就、及びその父のこと 15
自身の大水牛の立物にも 13

あのようでも良きことがある 10
武であるのに嗜みをしないこと 10
家蔵、山科弓 9
かの国に我が軽便なる仮名文を 9

喜多見殿はいつから鼻付を 8
宇喜多秀家流罪に及びしこと 8
嘉隆の運命のほど 8
産湯八幡付産湯の井併井辺の大楠 7


今週の1位はこちら!鼻の色はかはりにけりな異な面にです!
忠恒はの、中学生並みのイタズラと、侏儒どんの見事な切り返し。これに限らず徳田太兵衛の逸話には、
なんとも不思議な空気感が有りますねwかなり冷酷なイメージのある島津忠恒も、徳田太兵衛の前では
悪ガキに戻れる。そんな関係だったのかなあとも感じますね。
薩摩という土地は、良くも悪くも殺伐さが特徴的な面があるのですが、この侏儒どんの逸話は、そんな薩摩の
違った面を表してくれているように思います。

2位はこちら!思う事 一つ叶えば又二つです!
南龍公、徳川頼宣の逸話ですが、家康の子供の中でも、特に豪傑の感が強い人物であり、この逸話も
そんな豪傑性を強調しているのですが、そんな彼でも、このように「望みを果たそうとすると、きりがないものだ」なんて、
諦観めいた歌を口ずさむとは。その対比が面白い逸話だなあ。なんて感じました。

今週管理人が気になった逸話はこちら!自身の大水牛の立物にもです!
細川忠興は「兜の立物はあえて壊れやすく作るものだ」なんて言っていましたが、こちらの黒田長政は真逆。
「抜け落ちないようにしっかり固定しろ」と言っています。
こんな事でも基本的な思考が違うのか!と、少々感動してしまいました。これは仲が悪くて当然ですねw
もう思想の方向性が噛み合わない。
黒田家と細川家が対立したのは、ある意味宿命だったのだなあ。そんな事まで感じさせてくれた逸話でしたw



今週もたくさんの拍手を、各逸話にいただきました。いつもありがとうございます!
又気に入った逸話が有りましたら、そこの拍手ボタンを押してやってくださいね!

それから、左のカテゴリ、主家以外の家中をアイウエオ順に並び替えました!もうずっと増えるに任せて放置してきましたが
さすがに分かりにくすぎるということで、なんとか改善(?)してみました。
多少なりともこのブログが皆さんに使いやすく慣れば、幸いです。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。m(_ _)m
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    管理人さん

    お忙しい中、あいうえお順にしてくださってありがとうございます。
    見やすく探し易いです!。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    改めてみると、やっぱり徳川家が圧巻だね。
    そして量産型蒲生家・・・

  3. 人間七七四年 | URL | -

    池田光政「管理人殿、我が娘の六姫が、そちに一目惚れしてのう。チョコという西洋のお菓子を渡して欲しいと頼まれたのじゃ。なにやら「とりかぶと」入りとか。」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10591-313ffd30
この記事へのトラックバック