森川重俊の殉死、それに纏る事ども

2017年02月22日 21:32

607 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/02/21(火) 21:11:47.83 ID:CscOQyRT
森川出羽守重俊が、徳川秀忠の薨去に付き殉死する時、息子伊賀守重友以下、親類を招き集めて
庭訓した

「弓矢の臆れは少しでも大事になってしまうものだ。先年、大相国(秀忠)が独座されていた時、
ため息をされたのを御次の間にて承り、「これは天下の大事でも起こったのか」と胸騒ぎしたが、
その後御機嫌を伺った所、先のため息について「真田表のことは…」と仰られた。
あれ式の事さえ、相国様は御身の臆れのように思われていたのだ。

汝ら、構えて自余の事は愚かであっても、武士道の規範を外れ、軍法を破ることなどは、殊に
不忠の第一であるぞ!」

そう遺言して、秀忠の御供をした、

この時、徳川家光は側の者達に「出羽守はどうした?」と尋ねた。殉死した旨を申し上げると
「とても生きては居ないだろう。もし存えていればいいのだが。」と言った。

これを承った人々「これは興味深い御言葉である。どういう理由であのように言われたのだろう?」
そう不思議に思っていると、古くから仕える人が言った

「その事だが、かの出羽守は昔、新将軍(家光)が未だ幼少の頃、いたずら遊ばされた時に、
拳で殴りつけたことがあったのだ(拳の障りし事ありし)。その時家光公は
『これを覚えていろよ!』とのお言葉を発せられた。それは御幼少ながら甚だ鋭いものであった。
もしかすると、その事について言われたのではないだろうか。」
そう推測した。

(武野燭談)


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    いい話なのかなと思ったら、単に幼少の頃の遺恨の話だという…
    と思ったら、森川って継嗣問題じゃ反家光だったのね。そら誅伐の話になるわ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    青山忠俊「諫言諫止は、家臣のつとめにござる」
    立花道雪「これもお家のためを思えばこそ」
    小早川隆景「全くもってその通り」
    山岡鉄舟「お上といえど、酔って相撲を取ろうなどと言語道断」
    山本信次郎、西園寺八郎「そうですね。相撲とかも本気でやらないと御山の大将になっちゃいますね」

    なお、西園寺八郎は、毛利家の毛利元徳の八男で、西園寺公望の娘婿。右翼に襲われた際、仕込み杖で応戦したというどこの武辺だというような逸話がある。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    家光「殴ったね!父上(家康公)にも殴られたことないのに!」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    権現サマ「そんな竹千代、お祖父ちゃんがお前を殴るもんか!(´;ω;`)

    お江「そうやって甘やかすから、駄目な子に育つのです!鉄拳制裁あるのみです!」

    テル「ボ、暴力はイケナイ!暴力ハンタ~イ!」
    秀忠(テルさん見てると、なぁ…)

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    出羽守「殴られもせずに一人前になった奴がどこにいるものか! 」

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10593-d844c7dc
この記事へのトラックバック