「差出高の衆」

2017年03月03日 14:51

632 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/02(木) 20:54:21.55 ID:gsMc9xf7
西国の、大村五島の類の外様大名について、彼らは元来国人にて、鯨突きの類であった。
戦国の頃、恣に近隣を略奪、横領し、後治世となって公儀より御改の節には、よき程に
石高を書いて提出し、その後検地の御沙汰も無く、その提出した石高の通りに、格式軍役を
仰せ付けられている。これを「差出高の衆」と言う。辺境の国にこの類は多い。
東国では津軽氏なども同じような存在である。表向きの差出高に対し、実高はその10倍であるとか。

(翁草)

肥前五島藩の五島家(宇久氏)のことか。



633 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/03(金) 09:52:22.65 ID:2e2kntZ0
南部さんとか、島津さんとか

634 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/03(金) 11:26:44.27 ID:zUVujDMJ
島津は表高を上げ過ぎて四苦八苦してるけどね。
津軽も江戸時代の高直しで苦境に陥ったし

635 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/03(金) 14:18:07.22 ID:41HyJ93c
対馬の宗氏と蝦夷の松前氏は1万石扱いなんだっけかそんなにないのに

636 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/03(金) 14:26:17.89 ID:9X2ZeKxt
一万ねえと大名じゃねえ

637 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/03(金) 22:12:12.36 ID:JhVX3B9d
ろくに米とれない所は海産物やら木材なんかを石高換算するんだっけ?

1万石で大名ってのはいつからそう決まったの?

638 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/03(金) 22:51:18.23 ID:H7v176AZ
江戸時代から。
米が単価ベースだったから米が基準、で
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    松前は石高は0で食料としての米を買い入れてたんじゃなかったっけ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    喜連川藩は五千石だけど、十万石の大名の格式があったらしい。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    松前「知行としてアイヌと交易する権利をやろう」

    なお後日ワゴンにぶち込まれて商人に丸投げされる模様。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >>633
    島津は石田三成が検地するよう仰せつかって、その家臣らが島津領に出向いているから
    御沙汰はあったんだがな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    薩摩は鎌倉以来8公2民で石高に籾殻まで含んでる修羅の地
    その上士族が全体の5割近いと言う
    ぞらスパルタみたいになるし、犬と若者は薩摩屋敷に近づくなとか言われるわな

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ○公○民は完全に誤解されてるなー。

    あれは生産高に掛けるものでは無く村高に掛ける税率なのでね。
    税率が低いところは村高が高く、税率が高いところは村高が低く設定される。

    萩藩の例が分かりやすいけど、石高はどんどん上がるが税率はどんどん落ちて
    税収自体はさほど変わってない。

    増徴しようとして無茶するとガチで一揆になるし。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    若者の部分は意味が違うな。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    税率を8公2民にしてその分村高を低くするってもの凄く非効率的に思えるのは現代人故か

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    現代人でも同じだけどね。
    たとえば住宅や土地に固定資産税を賦課する基準価格は、実勢価格じゃないし
    資産の減価償却と評価額もまた異なる。更には相続税はまた別だしね。

    税の算出方法ってのは一見不合理に見えても、過去からの積み重ねの方が大事でね。
    そうしないと税を納める方が納得せんのですわ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10609-7e8a7234
この記事へのトラックバック