「織田信長は類なき大うつけ者」

2017年03月10日 13:11

712 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/10(金) 03:14:47.66 ID:wBEwJPR7
さて、信長公は17,8の御歳まで、特別の御遊びをなさらず、朝暮武芸を御好みになり、
日夜合戦の御嗜みであった。

弓の師は市川大介、鉄砲の師は橋本一巴、剣術の師は平田三位で、この者どもを
毎日召し寄せて稽古しなさった。朝夕、馬に乗りなさったが馬も優れた上手であった。

3月から9月までは、河水の遊びを御好みになり、たいそうな、水練の達者であった。
その頃、若侍どもを呼びなさり、竹で叩き合わせたのを見なさると、

「とにかく、槍は短き柄は良くないであろう。長柄に優ることはあるまい」と、仰せになり、
三間柄、あるいは三間半の柄で槍を拵えさせなさった。

その頃、信長の御行儀は甚だもって異相であった。日頃着なさる帷子の両袖をほどき
なさり、半袴や燧袋など、色々数多のものを身に付けなされた。

御髪は茶筅頭に紅糸、あるいは萌黄糸などで巻き立て結いなさり、太刀は朱鞘で皆
ことごとく赤武者の出で立ちにするよう仰せ付けなさった。

さてまた、鷹狩りを御好みになり、鷹野に出なさる時に毎度町を通りなさると、人目を
少しも憚らず、栗や柿、梨を馬上でかぶり食い、町中では立ちながら餅などを食い食い
通りなさった。

あるいは人に寄り掛かり、または人の肩に取り付き、連なりぶら下がって通りなさった。
その頃、世間は古風を慕って人は皆公方家の礼義を忘れず、儀式を好む世であった故、

このような異相であったから、近国や他国は押し並べて「織田信長は類なき大うつけ者」
と、申し合った。

――『織田軍記(総見記)』



713 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/10(金) 04:43:13.72 ID:e8L42e2/
三男坊だしええやん

714 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/10(金) 08:09:59.39 ID:Ku4oyBYM
順序は関係ない
嫡男やし
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    これで斎藤道三に会った時は完璧な室町作法だったんだよな
    道三親子二代説でも京都に詳しいはずの道三が認めるほどだったんだから、付け焼き刃でなくこうやって居るときからずっと裏で室町作法身につけてたんだな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    嫡男だろうとそうでなくとも、そこそこ以上の武家に生まれていたのなら、最低限の礼儀作法は必修だったんじゃないのかな?と思うのだが、どうなんだろ?
    (落胤とかの事情で武家じゃない普通の家庭で育てられた場合等はともかく)

  3. 人間七七四年 | URL | -

    戦国期とはいえ、お上の子は平時から若者集めて軍事教練する様な者よりお上品な方が好まれたのか?
    それとも単に昭和の暴走族みたいに見えたのかな?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    確か信長さんって青年期が馬鹿殿的な行動や扱いされていただけで、小さい頃からそうなる前までは
    ちゃんとお寺で勉強してた筈では?

  5. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    うつけ扱いされてるのは、軍事教練というより後半の奇行の部分では

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10632-a6cfe6d4
この記事へのトラックバック