此の方の宛名は何と書いた

2017年03月13日 09:35

717 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/12(日) 21:11:39.63 ID:Ss9DL0Db
慶長19年、大阪冬の陣和睦の際、大阪城からは木村長門守重成を以て、神盟の御判元拝見に
さし寄越された。木村は家康の御座近くに参るための支度はしていたが、彼の気色が怪しいため、
家康側近くの者達は、彼を遠ざけ置いた。

この時、大阪城へも豊臣秀頼の判元を確認するため、幕府より使者が遣わされたが、人々は
「きっと侍大将の中から選ばれるだろう」と噂していた所、『若者のうちより、分別があって
事がもし破れたときに一己の働きのできる忠士』として、板倉内膳正重昌が選ばれた。

家康は重昌を召すと「和睦の誓紙を見て参れ」と命じた。
板倉重昌はこの時18歳。近習として召し使われ、心やすく思っている者であったので遣わされる、
との事であった。
大阪においては「関東勇功の老臣が派遣されるであろう」り心支度していたものの、それは相違した。

さて、板倉重昌は秀頼の御前に出て、御判をされる時、座を立ってその膝元に寄り、左右を顧みて
申し上げた

「右丞相(秀頼)の御器量、関東にて承り及ぶよりも、ことに勇々しく見奉りました。
関東にては秀頼功の御膝が、扇子丈ほどもあると承り伝えられているばかりであります。
このような機会に拝し奉り、関東への土産としたいと思います。」

そう言うと腰の扇子を抜いて座を立ち、膝を計ろうとするふりをして、御判元をしっかりと確認した。

その後秀頼より、「宛名は何処にすべきか」と尋ねられた。重昌は
「その事について特別に仰せ付けられてはおりませんが、関東・大阪御和睦の儀にて候へば、
現代の将軍である秀忠公に宛てるべきでしょう。」と申し上げた。このため宛名は
『江戸将軍へ』と書かれた。

この頃徳川家康は「内膳正に第一に言っておくべきことを忘れていた!」と、大変気にしている様子だったので、
人々は「一体何事だろう」と心配していた所、重昌は程なく帰ってきた。この報告を受けると
家康は御次の間まで出てきて

「どうであった内膳、判元を見て参ったか。
実は第一に申し付けるべきことを忘れていた。此の方の宛名は何と書いた?」

重昌畏まって
「その段、仰せ付けは承りませんでしたが、関東・大阪御和睦でありますから、新将軍家へと
望みました。」

そう申し上げると、家康は甚だ御機嫌にて「でかしたり!でかしたり!」と、大いに喜び、
また全体の首尾が報告されると、一入感じ入ったとか。

(武野燭談)


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    18歳でこの大仕事、すごい

  2. 人間七七四年 | URL | -

    板倉さんも家康から指名されるだけの能力ですね。
    でもこの逸話だと江戸将軍=秀忠側で書かせたのですね?

    へうげの秀頼、どこの壁に要る巨人だよ!と思わず突っ込みを入れたくなったw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    島原の乱では「武士の心 さらに内膳」とネタにされていた重昌も
    若き日は大気の片鱗をうかがわせていたのですね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    重昌は父兄や土井利勝・酒井忠世&忠勝・知恵伊豆とかには劣るけど一応デキる人なんだよなあ
    この人の場合はなまじデキたのが最後に災いしたとも言えるけど

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    他人の評価に対してケチを付けるようで大変申し訳ないのだけど、
    重昌をこのメンバーよりも劣るとか一応とか言うのはちょっと言い過ぎだと思う

  6. 人間七七四年 | URL | -

    重昌は兄貴とのエピソードを見る限り早熟の俊才ってイメージ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    wikiと真逆だな
    あっちは寛政重修諸家譜が出典で家康宛に書くように薦めている

  8. 人間七七四年 | URL | -

    重昌の島原での失態は家光の責任と言えるんだよね
    鬼日向・二代目ナベシマン・西国無双とか小大名の重昌を軽んじてたしやりづらかっただろうな
    結果論だけど大将は最初から智慧伊豆か井伊直孝にしとけよということになる

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10638-1a0d41ac
この記事へのトラックバック