明主の賢慮は推量し難い

2017年03月17日 07:47

720 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/16(木) 23:45:21.45 ID:vrpWz8g8
徳川家康がある時仰せに成った
「右兵衛督(徳川義直)、常陸介(徳川頼宣)の両人に、近日武具着初めをさせるので、
あらかじめ準備しておくように。」

御武具方はこれを承り。黒糸縅の甲冑、ならびに弓矢、陣太刀、鞭、采配、軍配扇など、
注文通りに揃えた。

その頃、この武具着初めについて下々からは
「現在、右兵衛督殿の御爺などと称せられている平岩主計頭親吉は、それほど高名は聞こえないが、
上の御覚え他に異なり、また常陸介殿に付けられている安藤帯刀は、武勇冥加の侍であるから、
きっと両殿の御武具は、この両人が召させるのであろう。

尤も平岩は戦場に勇ある人物ではあるが、安藤と比べては、なかなか同日に論ずることができる者ではない。
そもそも公達などの御武具御召初めは、勇功あって武の冥加ある侍にあやからせ給うようにと、
専らそういう人を選ぶものだ。安藤は一日の内に二人の大将の首を獲た武勇の人であるから、言うに及ばず。
一方の平岩は、上意ではあったが、かつて一家の主親たる水野下野らを討ち、また三郎信康殿の
御母堂築山殿御生害の事を取り計らうなど、あまり吉兆のある人ではない。そういう人に若君などの
御武具召させ初めるというのは、いかがなものか。」

そのように言い合っていたが、当日に至ると、義直、頼宣の武具を、父である徳川家康が自ら
召させるとの上意にて、兄弟は同日御前にて召させられた。下々の予想は全く間違えていたのである。

しかし岡崎三郎殿以降の公達は数多居たと言うのに、家康自ら武具を召させる事は無かった。
それが今度このように計られた神慮は計り難い。兎にも角にも、優れて御愛子ということだろうか。
何れにしても、明主の賢慮を下々は推量し難いということだ。

(武野燭談)


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    年取ってから生まれた子は可愛いよね

  2. 人間七七四年 | URL | -

    …と思わせて実は安藤と比べられる平岩を気遣っての事では?って話だね

  3. 人間七七四年 | URL | -

    他の子たちと違って家康に暇があったからでしょ。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    忠輝「ケッ」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    秀康、秀忠は元服時には秀吉の元に居たし、忠吉、信吉、忠輝は元服前に養子に出てるものなぁ
    可能だったのは信康くらいではなかろうか

  6. 人間七七四年 | URL | -

    たぶん、家臣達の前で鼻ほじってても、明主の賢慮は推量し難いって後世に書かれてしまうと思うの

  7. 人間七七四年 | URL | -

    前田利常「6殿。鼻がどうかされたか」

  8. 人間七七四年 | URL | -

    秀康「鼻ないんだけど何ほじればいいかな」

  9. 人間七七四年 | URL | -

    武具着初めより前に官途もらってるあたりに溺愛ぶりがわかるよなあ。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※9
    忠輝も貰ってるやん

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    いや流石にならないだろ……

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10646-9122b8f7
この記事へのトラックバック