1567年(永禄10年)、豊後の王よりの書簡

2017年03月20日 12:43

682 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/19(日) 19:39:01.77 ID:ZMAWX+2P
1567年(永禄10年)、豊後の王(大友宗麟)より支那滞在中のニセア司教ドン・ベルショー・カルネイロに送りし書簡

『最も尊敬すべき君

我らは貴方が本年、当地に来られることを大いに期待している。そして貴方の渡海を妨げる原因が小さくないことを
憂いているが、近く相まみえる事の希望を失っていない。

私が常に耶蘇教を庇護したいと欲していることは、既に貴方の耳に達していると信ずる。
私が山口の王(毛利氏)に対して勝利を望むのは、第一に彼の地にパードレ等を帰住せしめ、彼らが受けていたよりも
大いなる庇護を与える為である。
そして、我が希望を実現するため貴方の援助を必要とするのは、日本に硝石の来ることを一切禁止し、
ただ我が領国防御のため、カピタン・モール(官船の司令官)をして毎年品質良好な硝石ニ百斤をもたらす事である。

私はこれに対し百タイス(銀一貫目)、又は貴方の命ずるところの額を支払うであろう。
この方法によれば、山口の暴君は領国を失い、私の元にある正当なる領主(大内輝弘)がその国に入ること
可能になるだろう。私は貴方の手に接吻しよう。

本日陰暦第九月の十五日』

(異国叢書)

大友宗麟が、宣教師に硝石の禁輸を持ちかけていた書状である。



683 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/20(月) 01:39:50.91 ID:dH4ZvUEi
>>682
この頃から毛利の九州への再侵攻に備えて輝弘を山口に送る計画してたんだな
対毛利戦の時はほんと色んな手を打ってて有能なんだけどな宗麟
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    このころは竜造寺も島津も中堅以下?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    耳川の戦いより前に書かれてるみたいだし、九州は大友が一番勢いあった頃だから多分そうだな

    家族とか、宗教とか、家族とか、女性とか、家族とか絡まなければ有能だったのになぁ宗麟…

  3. 人間七七四年 | URL | -

    山口に輝弘を送る計画は重臣の吉岡長増が立てたんじゃなかったかな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    まあ、大名の能力って重臣や後継者の有能さも加味しての総合力だからね
    そういう点で隆元を失った後の元就は精彩を欠いて居るし
    家臣団が一番充実している頃の宗麟は文句無しに西国最強の戦国大名だったろうね

  5. 人間七七四年 | URL | -

    4
    和洋東西時代に規模の大小を問わずどんな国家や組織も世代の変わる時だとかで必ず栄枯盛衰が有るものですしね
    当時の毛利は東西で二正面作戦をしなければならならなかった状況だし、仮に隆元ニーサンが存命でも厳しかったんじゃないかと。
    何気に味方の村上水軍もちと気の置けない存在だったりするし…

  6. 人間七七四年 | URL | -

    宗麟「まるで儂が無能みたいな云われようじゃな」

  7. 人間七七四年 | URL | 3aXRcdxk

    検証長篠でも武田が銃自体より硝石の入手に苦労してたって話あったな
    そら古土法じゃ足りないやろな

  8. 人間七七四年 | URL | -

    培養法での硝石回収は加賀藩の自慢だったみたいだけど戦国期は古土法しかなかったのかな?
    マンガ知識だがドリフターズとか硝石丘法だと思うけどあんなん戦国の日本に有ったのかな
    歴史って気になることが有ると際限なく関連本読まないと行けないからキリが無いよぅ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    *6
    無能ではないYo(歳とって色に狂うまでは)

  10. 人間七七四年 | URL | -

    まあ当のヨーロッパでも硝石の確保には結構悩んでたみたいだしな

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    しかもあまりにニッチなジャンルは日本語文献が充実してないという罠まである

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※9殿
    歳とっても無能じゃないですよー躁鬱が激しいだけで。
    大分では宗麟さんを大河にって押しているし(他に大分県全域規模で押せる人がいないらしい)
    九州探題や北部九州六カ国を納めたと九州の地図を使ってPRしてますが、六カ国を色塗りして目立たせて
    ますが塗れば塗るほど白く浮きだす薩摩・大隅・日向の三カ国・・・逆効果な気がするな。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    宗麟に取っての最大のリスクは島津龍造寺秋月の大名や田原田北とかの有力国人衆でもなく義統
    義統がせめて及第点レベルの当主だったら大友も没落しなかっただろうに

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10649-a18bcd28
この記事へのトラックバック