春日周防の徒党の磔

2017年03月25日 20:44

森忠政   
698 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/25(土) 00:05:44.43 ID:Ko4xD5Gw
春日周防の徒党の磔


ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-357.html
↑の記事の2つ目の話の詳しい版になります。

天正壬午の乱のときに森長可を裏切ってひどい目にあった春日周防
(参照 ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5950.html)
慶長5年3月に弟の忠政が海津城に入った頃には病死していたので
(葬儀で)親類が一か所に集まっており磔に懸けることになった。

そのとき彼の地の風説では、信州は人がいない国なので
徒党の者を残らず成敗してしまっては亡所になるだろう。
ならば(忠政が)見回りに来る前に、磔に懸けてご覧に入れ
御成敗したと判断してお通りした後で悉く命を助けようと
下劣の者共が(春日周防の徒党に)申し做した。

そういうことならば一日磔に懸けられているのもどうかと
日用を雇って名代として磔に懸かってもらうことにした。
米壱石で懸かる者が多く、あるいは七、八斗で懸かる者もいたが
少しの内なのだからと値切る者がいたり、壱石出すくらいなら
自分で懸かろうという者が、金持ちの中にもいたそうだ。

海津城はその頃松城といったが、乾の方角にある鳥居坂から
なしか池まで二十町ばかりに磔を懸け並べた。
そこに先走りの者が、忠政様の追付きお通りと参るやいなや
大身の槍を持って片っ端から突いて通った。
そのとき磔木の上から口々に日用なりと断る声があったという。
百々瀬加兵衛、三溝三右衛門[両人共に信州のあのあたりの地侍の家
だったが森家へ召し出された]がこの話を度々承ったそうだ。

そのときの罪人の内6才の子供を一人、名は又右衛門と申す者を
お竹様(忠政側室・香々美殿)が引き取り養われた。
後に大膳重政様(忠政庶長子・母お竹)の草履取りとして仕えたが
元和4年に大膳様が御逝去の後、作州久米南条郡中嶋村へ引っ込んだ。
百姓をしていたそうだが、同郡北村の者と公事取詰になり
寛永16年6月3日、46才で一家残らず長法寺河原で御成敗に逢ったのは
天罪奇妙な事なのでここにこのことを記す。


――『森家伝記』


702 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/25(土) 22:47:30.61 ID:gmJK76VS
>>698
この「松代物語」でも春日皆殺しについて触れられてるね
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4100.html
ところで高坂信達(春日周防)って病死って書いてるけど、真田昌幸のせいで上杉裏切ろうとして殺されたんじゃ
(真田丸では調略がバレたのをなぜか昌幸の策略にして主人公側を悪どく書いてたな)
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    その場で仕置きし後日追い討ちをかける
    さすが森家えげつない

  2. 人間七七四年 | URL | -

    死んだ振りのバイトをしていたら本当に殺されたでござる

  3. 人間七七四年 | URL | -

    森家は不正を許さないからね仕方ないね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    いつ蜂起するか分からない不穏分子の地侍を計略によって始末した
    といえば良いように見えるでしょ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    なお自身の不正には目をつむる模様

  6. 人間七七四年 | URL | -

    なぜ親父さんは特に残虐な事とかした人柄じゃなったのに、2人の息子の評判は
    「ちょっとアレな人」なのだろう?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    *6  父親の代では普通でも子の代になると時代と価値観が変わってアレ?ってなる事もあるじゃん
    兄貴の方は例外だけど

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※6 ここの逸話にもあるけど、母親も結構ぶっ飛んだ人なので、
    両親の気質が化学反応を起こした結果なのかも。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    鬼武蔵のほかの弟たちも「乱坊」だったそうで

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10660-3efbc36a
この記事へのトラックバック