週間ブログ拍手ランキング【03/23~/29】

2017年03月29日 19:08

03/23~/29のブログ拍手ランキングです!


猿楽の日の論争 16

戦国クラスタが作る!永禄3年(1560年)の全国戦国大名戦力図 16

アフォンソ・バズという人物一人を殺してしまった。 14
敵を射伏ば自軍の利。後まで苦しめるは不仁の業 13

之を以て、予が為した所を批判せよ。 11
とにかく大砲を早くよこせ 10
小早川隆景の学校、太田道灌釈菜の和歌 9

春日周防の徒党の磔 6
文禄元年、フィリピン諸島長官ゴメス・ペレス・ダマ・マリニヤスより豊臣秀吉に贈りし書簡 5
後悔すること無かれ。 5

夫死して妻を取り殺す事 4
後に剃髪して道三入道 3
秀頼藪之事 3


今週の1位はこちら!猿楽の日の論争です!
池田輝政の論争禁止のお話。このような論争禁止というのは、いわゆる「喧嘩停止」として、戦国期以来、大名が非常に重視した
政策の一つかと思います。とにかく騒ぎを起こすな、何かあったら大名権力に訴えてその判断に任せよ。というのが戦国大名の
基本姿勢のようなもので、これがいわゆる「喧嘩両成敗」法を生むわけですが、これは当時の喧嘩、論争が、即武力を伴った
衝突に至るものであった、という事が大きかったようです。大げさでなく、喧嘩させないことが「安全保障」だったのですね。
で、こちらのお話は、その論争禁止に対して、いざ騒ぎが起こった時の「下の側の対応」を感じさせるお話ですね。
禁止されても喧嘩論争は起こる時は起こってしまうもので、それは発覚すれば処罰を免れるためあの手この手でごまかしたで
あろう事、容易に想像できると思います。その「一例」(?)を記録した、という感想を抱くお話だと思いました。

2位はこちら!戦国クラスタが作る!永禄3年(1560年)の全国戦国大名戦力図です!
僕もツイッターでこれが作られる過程を見ていまして、凄いものだと感心しておりました。
このレベルの勢力図が教育で使われれば、一般の人の戦国期に関する認識も、大げさでなく大きく変わるだろうなと
感じました。
また、この地図について、レスやコメントの中でも幾つかして気が出されていますが、気がついた所があれば、地図の
製作者である世戸口政親 @Fransisco1530 さんに、この期間この地域はこうであると、できるだけ具体的に指摘が有れば
世戸口さんのご参考にし易いと思いますので、思う所有る方はぜひ、そのようにお願い致します。

今週管理人が気になった逸話はこちら!之を以て、予が為した所を批判せよ。です!
いろいろな情報が読み取れる書状だなと感じました。その反論からキリシタン追放令やサン=フェリペ号事件についての批判が、
秀吉にちゃんと伝わっていた、というのが非常に興味深く感じました。
しかしこの時期の秀吉の外交文書というのはどうも、相手に対する把握が非常に雑、という気がします。
言葉風俗の同じ日本の大名に対しての外交文書と一緒にしてはいけないとは解るのですが、天下統一の過程での
交渉相手に対しての非常に細やかな把握と比べて、やはり大雑把にすぎるという感覚を持ってしまいます。
これが外交に関してだけなのか、内政においても似た傾向があったのか、そういった部分を考えると、後期豊臣政権の
姿が、又少し違った形で見えてくるかもしれません。


今週もたくさんの拍手を、各逸話にいただきました。いつもありがとうございます!
又気に入った逸話を見つけた時は、そこの拍手ボタンを押してやってくださいね!
( ´ ▽ ` )
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10666-9dab3052
    この記事へのトラックバック