木原屋鋪の事

2017年03月29日 19:13

765 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/03/29(水) 02:36:22.29 ID:aw1EkiG2
木原屋鋪の事

 木原屋敷とは木原氏が神祖御入国の時に賜った屋敷地のことである。
屋敷の外の田地は木原氏の領地である。
神祖が未だ三河におられました時この木原氏の祖は代々大工の棟梁であった。
鎌倉足利の屋形造り式法を家に伝えて探求していたが、その頃の大工は堀櫓等の普請ばかりを大事にし、
屋形造りのことなどに執着する人もない時節であったので、誰も彼を用いる者がなく諸国を流浪していた。
 ふと三河に着たとき神祖はそのことをお聴きに入れられ、度々召されてお尋ねなどもされた。
そして直に召し抱えられ、段々と御贔屓を被り岡崎城外に大きな屋敷地を下された。
御入国のときには、その代わりとして新井宿の地を賜った。
 江戸の御城を建設するときや御殿向かいを建て増す時になったときに、
武将の故実にかなうように御間取などをできたのは皆この木原の功であると聞く。
それを三河に御座いましたときから、早くに召し抱えられ置いた御深慮遠識申すにも恐れ多いことですが敬感せねばならない。

 猷廟(家光)の日光山御創立の時も、木原が御作事奉行となって木工頭と叙爵し司った。
今の日光御宮の雛形はその屋敷の林木の中に安置してある。
扉を開放しておりその中には神体は無い。心ある設け方である。

(甲子夜話)


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10669-24efdb51
    この記事へのトラックバック