我と等しき芹好き

2017年04月02日 16:46

783 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/02(日) 13:13:42.79 ID:6QFGocbe
我と等しき芹好き


(池田輝政は)常に芹を嗜まれて、備前国御野郡に生えるものを上品として
この芹を取ることを禁じられた。
ある士がこれを盗んだので、百姓達はそのことを萩田庄助に訴えた。

庄助がそれを(輝政に)伝えると
「さてさて憎きことかな、それはただ取ったのか、あるいは盗んだのか」
と仰せられたので、庄助は盗んだのですと申した。
「我が留め置いた芹を、強引に取ったのならひとしお憎いことだが
 盗んだということは、きっと我と等しき芹好きではないだろうか
 そのままにしておくべし」
と仰せられた。


――『池田家履歴略記』


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    美味い山菜は人を狂わせるからしょいがないね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10678-c278f1be
この記事へのトラックバック