無用な御心づけであった

2017年04月03日 14:20

720 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/03(月) 00:00:53.97 ID:3cglSWb1
 紹巴の所へ、九州から連歌に執心の人が上洛した。
ある時紹巴へ

「国元への外聞もありますので、三条西殿へ御礼申し上げたいです。」

と言った。紹巴はお易い事だ、とすぐ彼に同道して行かれた。
その道中で紹巴は九州の者に忠告した。

「御公家衆は物事に御念が入り、根問いをなされるものだ。
貴所の宿は三条にあるので、左様の気遣いが肝要ですぞ。」

「まことに御心づけかたじけない。その事はまかせてください。」

さて二人は三条西殿と御対面した。
三条西殿は御杯を下されるたり、

「今後、上洛の折節には待っております。」

等と仰せられたりなどして、九州の者に様々に御懇ろにされた。

 さて、案の如く「ここでの宿は」と御尋ねられた。
かの人は何と心得たのか、

「二条のしも」

と申した。

「二条の下、とは」

と仰せられると、また

「四条のかみ」

と申す。

「四条のかみ、とは」

と仰せられると、その時かの人はうろたえて、

「三条の西のつらの、きたない家におりまする」

と申し上げてしまった。帰る途中で紹巴に叱られて、

「無用な御心づけであったな」

とかえって恨む結果となってしまった。

(昨日は今日の物語)



721 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/03(月) 01:35:46.26 ID:uQG10uOK
九州の御方とは何方の事で?

722 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/03(月) 07:42:49.52 ID:McgHQoUK
島津家久だろうな
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    三回読み直したけどどういう意味かよく分からない…。
    三条という単語を外して謙遜した感じなのでしょうか?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    悪久さんの方だよね?(確認)

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※2殿
    里村さんと京都で連想されるのは、
    悪久さんじゃなくて善久さん(島津四兄弟)
    の方ですね。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    つまりどういう事で?
    どなたか解説してくだされ

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※1※4
    三条西さんのとこにきて、「三条の西のきたないとこに泊まってます」は、いくらなんでもイカンでしょ。
    紹巴が「お公家さんの前でなんか気のきいた事言わんとね?」とか言うから、九州の人がハリキっちゃった挙げ句ダダスベりしたわけで、
    紹巴的には「大丈夫?って聞いたら大丈夫!って言ってたのに、これじゃかえって余計なアドバイスになっちゃったよ」(半ギレ)
    ってことじゃないの?

  6. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    とういうか島津で確定なの?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※5殿
    成る程。そう見ると漫談的な面白さがある話ですね。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    ※5殿
    成程!合点しました。
    ありがとう御座います。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    これだけでは何とも・・・

    島津の人間だったとしても伊集院忠棟や島津実久も上洛した記録があるし、
    隣の相良氏も、義陽が「義」の諱を貰う直前くらいに深水宗芳が上洛したみたいだし

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※6殿
    九州の者としか書いてないですものね。
    個人的には家久(善)さんではないと思います。
    家久さん、古今伝授うけているし、源氏物語の所縁のところ巡っているから
    勉強しっかり出来ているでしょうし。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    九州で連歌に執心の人といったら木山紹宅を思い浮かべるが、
    公卿に会うほどの身ではないか

  12. 人間七七四年 | URL | -

    伊東義祐とか朝廷工作熱心だったし、家臣団は何かにつけやらかしそうなイメージあるけどちょっと活動時期がずれるかな

  13. 人間七七四年 | URL | -

    そーりんさんの可能性はないかな。あの人不器用なところがあるから。

  14. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    三条西家で紹巴と付き合いのありそうなのは公条、実枝、公国、実条
    ここから類推できるかもしれないけど
    武士と書いてあるわけではないので博多あたりの商人かもしれんが

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10681-f4f22f83
この記事へのトラックバック