高安家、豊閤より賜し陣羽織之旧談併家紋巴之由来

2017年04月04日 18:22

784 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/03(月) 21:04:15.37 ID:3cglSWb1
〔脇師〕高安家、豊閤より賜し陣羽織之旧談併家紋巴之由来

 脇師高安彦太郎の家は古く奈良以来の旧談も多い。
その中に豊臣太閤から贈られた陣羽織を、
年が経ったので今はかの装束の角帽子として家蔵としているという話がある。
 ある日その角帽子を持って来て予に見せてくれた。
外包に『秀吉公拝領金襴大内桐角帽子』と記してある。
彦太郎が言うには、”大内桐”とはかつて防州の大内氏全盛のとき貯えて置いた物であり、
漢から渡ってきた物であったのを後に太閤が獲って陣羽織とされたとのことだそうだ。
これは大御所公が御在位のときに贈って御覧になられたとか。
 またかの家は神祖から頂いた能の狩衣がある。
紺地金紋に巴がついている。よって彦太郎の家紋は今は巴を用いるという。

(甲子夜話三篇)


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    これがかつて大内義隆公が愛用していたものを太閤殿下が分捕り陣羽織としていた拝領品の角帽子でございます!

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    そうそうこのサイズがニホンザルにはぴったり・・・

    あっ鬼玄蕃とタイマンは無理です殿下アー!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10682-1eadfe69
この記事へのトラックバック