1616年(元和2年)、イスパニヤ国王より伊達政宗に贈りし書簡

2017年04月07日 09:11

791 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/06(木) 20:25:55.13 ID:7i7Ye65s
1616年(元和2年)、イスパニヤ国王より伊達政宗に贈りし書簡

『神の恩寵によりイスパニヤ、ナポリ、シシリヤ、エルサレム、東西インド、太平洋中の諸島及び大陸の王、
アウストリャの大公爵、ブルゴーニュ、ブラバント及びミラン公爵、ハプスブルク、フランデル及び
チロル伯爵を兼ねたるドン・フェリペ(フェリペ3世)

支倉六右衛門、サン・フランシスコ洗足派のフラル、ルイス、ソテロとともに当宮廷に来たりしにより、
喜んでこれを引見し、貴国において、我等の主、イエス・キリストの神聖なる真の教えを善とし、これを
奉ぜんとする賀すべき考えであることを聞きて、特に喜び、また国王(政宗)がその国を平和に治め、
その幸福を増進せんと欲するがゆえに、双方にとって好き結果があることを認め、彼らに対して善き待遇を
与え、イスパニヤ滞在中、並びにローマの庁への旅行中、必要なるものを支給し、帰国の際、乗船を
与えることを命じた。

朕はこの旅行の結果として、キリスト教が弘布され、貴国の住民の霊魂が救われるに至るべきことを信じて、
大いに悦んでいる。

朕が宣教師、その他キリスト教徒を厚遇されることを切望する事は、親しく大使(支倉常長)に語り、
日本全国の君に書簡を以って伝えた、

神が奥州の王を護り、その正しき意図に大いなる成功を与え給わんことを祈る。

 1616年7月12日(元和2年5月29日) マドリッドに於いて。
                            朕国王(親署)』
(異国叢書)

スペイン国王来日記念に


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    支倉常長の前にあるスペースが
    なんか悪い奴の二つ名でも入りそうで気になるわい
    (ダーク支倉常長とか)

  2. 人間七七四年 | URL | -

    フォースの東北面に堕ちたダーテ・ベイダー卿とか>悪い奴の二つ名

  3. 人間七七四年 | URL | -

    当時の上下水道の整備されていない汚いヨーロッパを見て支倉さんはどう思っただろうか

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    上下水道整備する必要があるほどの大都市は日本でもヨーロッパでも一握り
    圧倒的広範囲を占める農村部の衛生事情は対して変わらないだろうよ
    大体玉川上水ができたのだってもっと後の話だし当時は日本だってまだまだ
    イメージだけで汚いヨーロッパとかくさすなや

  5. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    上水は小田原攻略後に広まりはじめたことになってるんだっけか?

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    神田上水はその頃らしいとは聞く。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    つっても当時のヨーロッパ人が書き残したものは、いずれも日本は清潔だとしてる訳でな。
    そこは事実とするべきだろう。

    まあ上水下水より人糞の処理方法の違いだと思うが

  8. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    ちょうどこのころから都市圏での長屋の共同トイレと汲み取りが始まってるんだっけ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    まあそれはそうなんだけど

    ただ日本に来た商人や宣教師も日本全土くまなく歩いたわけじゃないし
    ヨーロッパのことだって自分が生まれた町や教育を受けた町ぐらいしか知らないだろうし
    彼らの知見は日本人より広くはあってもやはり限られたものだということを忘れてはいけないと思う

    「われわれの間では馬で戦う。日本人は戦わなければならない時には、馬から降りる。」
    このフロイスの一言には随分振り回されたよ

  10. ※4=※9 | URL | -

    読み返してみたらなんかえらく上から目線やった
    自分で研究したわけでもないのにな
    すまんな

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※7
    教育を受けられるような大きな街ですら、お察して見方もあるわけで。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10691-baaa4a15
この記事へのトラックバック