神子田は戦功多しと雖も

2017年04月10日 17:46

羽柴秀吉の下に、天正の初めの頃、軍功度重なる輩として、神子田半左衛門(正治)、宮田喜八(光次)、
戸田三郎四郎(勝隆)、尾藤甚右衛門(知宣)の四人があった。彼らは戦のたびに必ず戦功を等しく成し、
世に広く知られていた。

秀吉が初めて播州を領した時、彼ら四人を賞して、録五千石が与えられた。
宮田、戸田、尾藤はこれに甚だ不満で悦ぶこと無かった。
しかし神子田ひとり大いに喜び、拝領の礼を整えようとした。
これに他の三人は異議を唱えた

「四人は同じく戦功を致した者たちなのだから、他の三人が同じように礼を致していない以上、
神子田もこれを請けず、三人と同じようにするべきだ。」

神子田はこの意見に
「私が大いに悦んでいるのは、領地を与えられたことを悦んでいるのではない。
我等四人の事は、その手を尽くしての勤功、誰が超える者があるだろうか。

今、秀吉様は播州の大国を領せられた。これまでに比べてその余分の多いことも知っている。
であるのに我等には「家中に分配して余りが無いため、先に少知を与える。」と命ぜられた。

この言葉は、我等を無知無才の者扱いしている。
無知無才の我等と考えれば、この五千石も身に過超しているではないか。
ここを以って悦んでいるのだ。」

そう答えたという。

神子田は戦功多しと雖も、常にこれを誇って秀吉を蔑如していた。

(士談)



728 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/10(月) 21:32:49.38 ID:eowKfctM
神子田って面倒くさいけど権現様のところならうまくやっていけたような気がする

729 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/11(火) 14:06:36.84 ID:f2YAzpKz
神子田はそういうんじゃなく三成の武官版みたいな印象。
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    だんだん増長して手に負えなくなってきたから放逐したんだな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    こいつら見てたら三成が可愛く見えてくるな。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    織田家の他の陪臣がどれだけ貰っていたか分からないが5千石って十分な気がするけどな
    この時期、播磨35万石で黒田家以外にも地侍・国衆抱えているだろうし、織田家の寄騎も居る
    長浜12万石と合せても5千石はやや少ないが怒るような手当でもないよな

  4. 人間七七四年 | URL | -

    織田豊臣系武将達が結構貰ってるから感覚が麻痺しがちだけど、
    武士が五千石貰いって、普通は凄い筈なんだけどね?
    大名によっちゃ家老や一門辺りの禄だと思うのだけど

  5. 人間七七四年 | URL | -

    二千石(にせんせき)にしておけば雰囲気だけでも高級官僚

  6. 人間七七四年 | URL | -

    三成は秀吉の指示に従うことを優先しすぎていたわけで同一どころか真逆だろ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10695-0524fadf
この記事へのトラックバック