岡本加介の討ち死に

2017年04月20日 21:18

842 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/19(水) 22:57:07.47 ID:NUslccIW
豊臣秀次の家臣であった岡本加介は、長久手合戦でも功のあった人物で、
後に松倉豊後守(重政)に属した。

大阪冬の陣の折、大阪城中より鉄砲をつるべ撃ちすることがあり、幕府軍の先手が騒ぐ時、
岡本は一番に進んで城際まで付くと、さらに先に人が居たので追いかけてみると、
それは同じ家中の奥田三郎右衛門であった。

このつるべ撃ちは、敵の攻勢などにつながるものではないと判断し、両人連れ立って帰ったが、
松倉隊は備えを丸く立て臨戦態勢を取っていた。そこで両名が帰って報告し、備えを立てるまでもない
状況だと解った。

この奥田と岡本は、夏の陣では松平下総守(忠明)の陣を借り前線に出て、6日の早朝にそろって討ち死にした。

岡本加介は、後藤又兵衛を必ず討ち取ると言っていた。その故を人から尋ねられた時
「後藤はいつも一番に先に出る者であるから、私は魁してこれと打ち合うのだ。」
と答えたという。

果たして岡本は、後藤が討ち死にした場所から6,7間(約10~12メートル)ほどの近接した場所で、
鉄砲にあたり討ち死にを遂げた。
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    岡本加介の働きも功を奏したのか
    大坂夏の陣における目覚しい活躍が幕府に認められ
    松倉重政は有馬旧領へ転封
    島原の乱の種がまかれるのであった

  2. 人間七七四年 | URL | -

    お先松倉やね>島原の切支丹

  3. 人間七七四年 | URL | -

    松倉って冬の陣のときは藤堂高虎の下知に従わずに散々困らせ、夏の陣の時には水野勝成にあいつを与力に加えるくらいなら先鋒を辞退するって言わせた程の厄介者だった覚えがある

  4. 人間七七四年 | URL | -

    そういえば水野勝成さんは島原の乱に参戦したんだよね

  5. 人間七七四年 | URL | -

    こう言っては何だが、岡本さんは戦死してしまったお陰で名を成し、
    後の藩の不名誉からは逃れることが出来たとも言える。
    にしても、松倉さんの変わり様はどうしてこうなった?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10716-53f5191b
この記事へのトラックバック