苦辛城(くららじょう)

2017年04月26日 08:39

753 名前:人間七七四年[] 投稿日:2017/04/25(火) 23:26:56.85 ID:NnyzUZ9A
鹿児島県鹿児島市皇徳寺台には苦辛城(くららじょう)と呼ばれる自然の川や崖を利用した連郭式(れんかくしき)山城があり、
郭には土塁が見られ,緩やかな斜面には郭を守るための帯曲輪(おびくるわ)の取り巻きがあります。
昭和56(1981)年団地造成の為全面発掘がおこなわれたところ、15箇所の曲輪と20箇所の空堀、27棟の建物跡、水溜跡、
竈跡のある大規模な城跡と判明しました。
苦辛城の名前の由来はくらら(苦参)というマメ科の薬草からで、城の周りに自生していました。
健胃、利尿、解熱、回虫駆除に効果があり、飲むと目くらがむほど辛いという。

大永七(1527)年からはじまる島津本家の家督継承をめぐった争いは、天文八(1539)年に島津忠良・貴久父子は
加世田・川辺・市来を攻略、また紫原の戦いにも勝利し、その後三月十四日苦辛城を攻略し翌日は神前城を落とし、
薩州家の島津実久を撤退させた。
以後、実久の勢力は衰え、天文十四(1545)年に貴久は一族・庶家から「三国守護」の承認を得て南九州を支配することになる。

このため、苦辛城周辺にある皇徳寺ニュータウンでは「沢山の人が合戦で苦しみながら亡くなった」と伝わり、
苦辛城の施設跡にある皇徳寺小学校では「城には処刑場があり幽霊が出る」という学校伝説がありますが、
苦辛城城主平田宗秀は、紫原の戦いで貴久が勝ったことを知り、伊集院忠相の仲介で貴久を城に迎え入れているので
苦辛城では戦いは行われてはいません。

この城を苦辛城と表記するようになったのは江戸後期の島津家の記録からで、それより前には「鞍良城」と記されていました。
かつて敵の城であったが、島津忠良・貴久父子が勝って手中に収めたことを強調する為に意図的に“鞍良”から“苦辛”へ
書き換えたのではないかといわれています。

書き換えられた上に、
・くらら城跡地の案内板には「苦辛城」の記載しかない。(案内板は団地の開発業者が設置)
・くらら城周辺は新興住宅地の為、古くからの住人が殆どいない。
そのため、「苦辛城」の字面だけで「沢山の人が合戦で苦しみながら亡くなった」だとか
「城には処刑場があり幽霊が出る」という話が勝手に出来てしまうという、住人や発掘に関わった人たちにとって悪い話。
(くらら城跡地で発掘に関わった大学の先生から聞いた話)

島津本家の家督争いについての記述
島津忠良(日新斎)島津貴久について
https://www.pref.kagoshima.jp/ak01/chiiki/kagoshima/kyoiku/4tadayosi2.html

※くらら(苦参)は全草有毒であり、根の部分が特に毒性が強く量を間違えると大脳の麻痺を引き起こし、場合によっては
呼吸困難で死に至ります。素人が安易に手を出すのは非常に危険である薬草です。
佐賀県では絶滅危惧種、鹿児島県では準絶滅危惧種となっています。

※皇徳寺台の由来は皇徳寺という曹洞宗の総本山の永平寺直轄の末寺からで征西将軍宮懐良親王と島津義弘の息子
久保の菩提寺です。




754 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/26(水) 02:18:00.34 ID:lWKlcsT4
くららが建ったー

755 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/26(水) 02:27:08.64 ID:3FRxF8FJ
島津兄弟の不可解な死はこれの中毒であったか

756 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/26(水) 06:10:30.99 ID:PjRiQsEH
灰寺城

757 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/04/26(水) 13:31:20.43 ID:D3F2saet
http://i.imgur.com/lkzhYhv.jpg
lkzhYhv.jpg
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >>自然の川や崖を利用した連郭式(れんかくしき)山城
    大きなブランコが在れば完璧だったんだが・・・
    最近何気にトライさんのCM見るのがが楽しみなんだw

    >>木いちご通信(ttp://yaplog.jp/kiichi5/archive/242)
    検索したらこんな取り組みもあったんですね。
    地元住民にしたらとても良いことだと思います。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    「都市伝説の成り立ち」って意味でも面白い話

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ※1殿
    >大きなブランコが在れば完璧だったんだが・・・
    残念ながら普通のブランコしかなかったですね。
    (城跡に皇徳寺くらら城公園があります。城跡で話を聞いていました。)
    団地造成の際、標高約130mが100mに削られましたが、それでも結構な崖なので
    攻める事になってたらかなりの犠牲が出てたかも。
    あのCMは自分も好きですが、トライPHの地元トライさんが・・・
    来年大河があるから覚悟していたけど、上野の像の格好は本当にやめて欲しい。
    あと頭にかぶりものするなら全身薩摩芋か黒豚などでしてほしかった。
    宮城や長野が羨ましい・・・

    そのサイトは見ました。
    自分が話を聞いた先生もその先生です。
    本当に地元の人たちにとって良いことだと思います。(753)

  4. 人間七七四年 | URL | -

    バブル期に分譲されて崩壊で空き家だらけになったニュータウンでもある

  5. 人間七七四年 | URL | -

    「城には処刑場があり幽霊が出る」という学校伝説もいい加減テンプレな話だよなぁw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    草食って治る薩摩武士驚異の治癒力…。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    学校の伝説って、そんなもんじゃないかい?
    七不思議とか。

  8. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    城跡に建っている学校は多いだろうからね

  9. 人間七七四年 | URL | -

    鹿児島の某地方都市住まいだけど
    今住んでるトコが馬場で処刑場跡だったという話も聞く
    ひえもんとりでもやってたんだろうか?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    実際学校を建てる土地の不足で、比較的安く取得できる墓地を買収して、
    その上に学校建てたと言うのは、全国各地の学校あるあるですよ?

    だから「昔ここは墓地だった」と言う話がある学校も、案外本当の話の可能性は十分に高いです。
    私の母校も大昔(明治・大正位?)は墓地でしたから。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    地元の人から聞いた、紫原の由来がその戦で小川が真っ赤に染まった様子が語源とは本当だろうか。
    ひえもんとりは祖母から祖父の時代(明治位)まで普通にやっていた。(士分)ときいてるけど。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11殿
    検索したら、その由来で書いてあるところもありますね。
    wikipediaでは現在の紫原付近が田上村、郡元村、宇宿村の村境の原に
    位置していたことに由来するという説があると書かれていますが。
    別のサイトでは由来ではないけど紫原の近くには処刑場があったと書いてある
    ところもあります。
    関係は無いですが鹿児島市の原良地区(おはら節発祥の地といわれている)の由来は
    アイヌ語のパラ・ラからきていると地元テレビが言ってました。
    (wikipediaでは原良という地名は台地上に原野があったことに由来していると
    書いてます)

  13. 人間七七四年 | URL | -

    米12さん
    ありがとうございます。
    祖母が言ってた ひえもんとりの現場はまさに紫原涙橋近くの処刑場ですね。
    年配の女性の方は今でも気味悪がって長居しないそうです。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    ※13殿
    ※12です。どういたしまして。
    処刑場のことは今回検索するまではしらなかったです。
    涙橋あたりで西南戦争時に多くの戦死者が出たことは聞いたことがあるのですが。
    今でも長居したくない人がいるのは無理のないことですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10724-5b7e5b80
この記事へのトラックバック