その勇功といい義を守ることといい

2017年05月02日 18:07

873 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/02(火) 14:23:41.27 ID:GWMsMAq8
天正18年に、蒲生氏郷豊臣秀吉より奥州会津を賜り、木村伊勢守(吉清)が葛西大崎を賜った。

その冬、木村の領分にて一揆が蜂起したとの知らせが氏郷の元に入った。
氏郷は雪中にも拘わらず、急ぎ妙佐沼へと救援に向かった。
この時、この一揆は伊達政宗が起こしたものだという風聞があった。

氏郷は速やかに出陣して所々の一揆を追い落としたが、ここに新国上総という者、彼は永沼の城主であり、
元は蘆名に属し、その後伊達政宗に従った人物であったのだが、彼が氏郷に面謁して言った

「この度の一揆は、悉く伊達政宗が扇動したものです。しかし現在雪中であり、分国の通路すら
自由にならず、また蒲生様は未だこの土地の案内も詳しくご存知ありません。であればこのような
救援の軍はうまくいかないでしょう。」

これを聞いて氏郷は答えた
「汝の言うことも尤もである。しかし、太閤殿下が奥州の背炙山まで御動座あって、奥州の仕置を
仰せ付けられたとき、木村伊勢守と私を左右に置いて立たれ、二人の肩をつかみ

『伊勢守は氏郷を兄と存じ、氏郷は伊勢守を弟と存じて、奥州のこと、互いに相談して仕置をするように。』

そう命ぜられたのである。であれば、たとえ途中においてこの氏郷が一命を失ったとしても、伊勢守を
見捨てては君命を蔑ろにし、義理を失ってしまう。
私は確かに昨今この土地に至り、地利を知らず、また雪中の時期であり、人馬の苦しみは言葉にならないほどだ。
しかし、だからといって伊勢守を棄てるというのは、義において欠ける行為である。
伊勢守が討たれて私の命が残っても、一体何の面目があって太閤殿下にお目通りできるだろうか。

これが、私が兵を起こして救援に向かう由縁である。」

そして氏郷は遂に勝利を得て、思いのままに一揆を退治し奥州を平均せしめた。
その勇功といい義を守ることといい、共に武士の本意に当たると言えるだろう。

(士談)


スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    すべては伊達が悪いのである@東北出身の身びいき

    でも、あとから見ると、秀吉は木村伊勢守吉清を最初から捨て石で置いたとしか思えないんだが
    (そうでないなら有能な副臣をつけなきゃもたんだろあんな領土)
    東北の外からあの配置をみるとどうなんでしょう?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >>木村伊勢守
    普通5千石から30万石って出世させ過ぎだよね?その癖、地侍集団をハブにすれば
    そりゃ家臣団もまともに形成出来んわ。器量的にそこまでの人物じゃなかったと思う。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    木村吉清か地侍をハブにしたなんて事実は無いよ。
    むしろ葛西・大崎の旧臣を取り込んでたが、そいつらも一揆に加担しただけだね。

    そもそも一揆の発端は伝馬役のトラブルだし。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >葛西・大崎の旧臣を取り込んでたが、そいつらも一揆に加担した

    (●∀゜)「木村も災難だよなぁ」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ※3
    伝馬役の件は現地勢力が我慢の限界に達しただけでしょ?
    ただ個人的に地元勢力への取り込みは聞いたことが無い。

    当時検知は絶対条件だからどうしたって実行しなくちゃならなかったしね。
    刀狩も別段珍しい手法じゃないし、裏に「あの人」が動いていたのなら、
    誰が任されて居ても一揆は起きた可能性が高いw
    個人的には、大崎家の元からあったゴタゴタも少なからず関係していた
    のではとも思ってる。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    木村吉清には検地が終わってから引き渡されてるんですけど...

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6

    だからって、

    「検地して税率挙げた人」
    「検地の結果挙げられた税率で徴収する人」

    で、前者だけ恨みつらみする人、って器用な人はそうはいないんでは。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    木村さんは名前が普通だから損してるのかも(´・ω・`)<つおそうな名前だったら器量があったように思われてたかも

  9. 人間七七四年 | URL | -

    この新国さんって秀吉におちょくられて上げ落としされた人?

  10. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    氏郷家臣で永(長)沼の城主だからそうでしょ
    息子は寵童事件で死んでるし

  11. 人間七七四年 | URL | -

    結果が秀吉にとってすごく都合よくいっているからワザとではないかとは思うんだけどね。
    伊達をさらに北に追いやり、乱であれた地域の復興や北上川流域の開発をさせる事で金を消費させる。
    会津90万石を作り上げ東北の監視を行う。

    ただまーくんが乱に絡んでいるのは確実だと思う。あれだけ大規模な乱は支援しないと起きないし、その後も関ケ原で懲りずにやってる。最初はまーくんは一揆とはほとんど戦ってなかったが、
    ばれた後は一揆衆皆殺しにしているし。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10732-98a664f8
この記事へのトラックバック