ひえもんとりの話し

2017年05月14日 21:29

775 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/14(日) 02:09:12.49 ID:+pXIAOKs
祖母が高祖父から聞いた幕末の薩摩のひえもんとりの話しです。
戦国の話ではありませんが、出回っている話しと幾分か違ったので書かせたいただきます。

幕末の頃、寺町の関所横(割と城下町の真ん中)に処刑場があり、毎年年末の29日にまとめて処刑を行っていた。
その日になると吉野方面(鹿児島市北部の山間地帯)の農家の人はふんどし一丁に
小刀をさしただけの姿になり待機をする。
処刑が始まると大太鼓がどーんどーんどーんと三回鳴らされ、その音は静かな時代、遠く吉野のほうまで鳴り響き
それを合図に皆、処刑場まで走り出す。
互いを傷つけたりしてはいけず、いくつかある死体の肝臓に一番早く触った人がその肝臓全部の権利を得ることが出来た
との事でした。手に入れた肝臓は漢方の材料として売って収入源に、残った遺体は遺族へ渡されるか無縁仏として葬られたそうです。
なお、ルールとして肝臓以外に手を出してはいけなかったとの事です。

祖母の家は上士の家系だったのですが高祖父曰く、士分のものや町民は一切参加しなかったとの事です。
(吉野方面の農家って郷士だったんじゃとも思うのですが…)
その日は婦女子は出来るだけ出歩かないよう、又 餅もついてはならないと教わったそうです。

776 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/14(日) 02:22:52.30 ID:+pXIAOKs
派手に話されている ひえもんとりの話しも実際はもっとマイルドな話しだったんじゃないかなと
話しを聞いてみたのですが、マイルド?な話しを聞くことが出来ました。
祖母が聞いた話では死刑囚の肝臓が無くなるのは当たり前のことで他の藩でも普通だったとの事です。
山田浅右衛門の人胆丸みたいに役得となるかイベントとなっているかの違いだけ?じゃなかったのではないかと話していました。

777 名前:人間七七四年[] 投稿日:2017/05/14(日) 02:43:27.25 ID:+pXIAOKs
書き忘れですが、処刑自体は処刑人が行い、死体を噛み千切るとかそんな事はしなかったそうです。
疑問点としては街中の関所横に処刑場というのは他の藩でも普通だったのでしょうか?



778 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/14(日) 06:03:16.94 ID:P6hbbHdU
>>775
興味深く拝見しました。
刃物を持っている人同士で、怪我しないように競って罪人の腹を割くとか、どんな光景なんでしょうね。

779 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/14(日) 07:50:55.97 ID:yFll/uYs
>>777
うちの宿場(下総船橋)は入り口に処刑場があったと言われてる
いまじゃ街の中心部だけど

780 名前:人間七七四年[age] 投稿日:2017/05/14(日) 09:48:01.08 ID:5jSUW0GA
>>775
江戸時代 全国的に民度が上がったから ひえもんとりも嫌がる人がほとんどだったのかな
戦乱が続いてたら やる人が多かったのか
戦国時代の人々からしたら ひえもんとりって魚さばくのみたいなもんだったのか

781 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/14(日) 09:50:00.10 ID:5jSUW0GA
>>775
あと死んですぐの肝臓じゃないと漢方薬にならない気がするが

782 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/14(日) 09:54:52.69 ID:5jSUW0GA
>>781胆汁酸とかビタミンBとか

783 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/14(日) 09:55:59.69 ID:gXRMVWjO
現代なら有害物質の塊だろうな

784 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/14(日) 10:08:37.30 ID:yFll/uYs
ふっと思い出した
最近、南アフリカ近海のシャチがホホジロザメの肝臓だけを食いちぎる事件が相次いでいるとか

785 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/14(日) 10:24:51.33 ID:5jXpkcOs
幕末になってもひえもんとりやってたんだ

そんな最近までやってたなら鹿児島伝統のエクストリームスポーツとして
現代風にアレンジしてレクリエーションに取り入れられないかな

786 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/14(日) 10:40:10.00 ID:dzos3kiU
>>775
面白い!幕末にもなるとひえもんとりも落ち着いて?そうなるのだろうか…。

787 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/14(日) 12:36:49.85 ID:rtum+u/v
>>785
海音寺潮五郎によれば
西南戦争で鹿児島にやってきた政府のスパイにもやってたとか
毅然として死んだんで海音寺潮五郎の祖父の知り合いが死骸が置かれてるところに行って懐を探ったが
すでに誰かにとられてたとか書いてた

788 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/14(日) 12:48:46.31 ID:+pXIAOKs
「人胆丸」は結核に効くと信じられていましたし需要は大きかったんじゃないでしょうか。
明治3年に公的に販売が禁止されたそうなので闇市場では需要・価格共に上がっていたんでしょうね。

789 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2017/05/14(日) 23:00:17.73 ID:E6ADoo4Z
>>779
東京の板橋宿では近藤勇が処刑されてたり
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ひえもんとりが独り者に見えたわしはだから独り者なのかのぅ…(ToT)

  2. 人間七七四年 | URL | -

    鎌倉時代からの遺風どころか上古のヤマトを残しつつ明治維新に参画した連中、SFとの親和性くないですかね。「隼人、銀河帝国に叛する」、みたいな作品が5世紀後にも普通に存在しえそうで怖い。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    食人は感染症の危険があるので、健康には悪そう。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※2
    豊田有恒「地球の汚名」だと、
    銀河を舞台に地球人が赤穂浪士で忠臣蔵めいた仇討ちをやってた

  5. 人間七七四年 | URL | USanPCEI

    ※3殿
    だから干すんでしょうね(一部ウイルスには効果薄いけど)

  6. 人間七七四年 | URL | -

    人肉食はウィルスだけじゃなくて同類同科同種のタンパク質そのものも害なことがある
    (特に脳とか内臓とか)ので干したり程度じゃダメなことも

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    プリオンやな
    脳がスポンジになって死ぬとか怖すぎる

  8. 人間七七四年 | URL | -

    クールー病の潜伏期間は5年から50年以上かかることもあるので、人胆丸が必要な病人はそのに亡くなっているだろうね

  9. 人間七七四年 | URL | EybeWf1w

    プリオン病はマウスではワクチン開発にも成功してるし、遺伝子を組み換えて感染しない牛の開発にも成功してるみたいだね

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ひえもんとりには諸説あって、その1「子犬を食べる」料理法は「まず、子犬の腹を割り、肝臓を取り出します。腹の中にお米を入れ、子犬を丸焼きにして、はい、出来上がり」
    その2「ゲイやホモが薩摩に多い」だそうです。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    すみません。諸説でなく薩摩では「ひえもんとり」以外に、残酷な事があったらしいです。最後のは「残酷か」分かりませんが、お詫びに忠恒様に事情を話してきます。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    犬云々はえのころ飯じゃなかったっけ?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ※11
    それひえもんとりじゃなくて薩摩の風説では?
    どちらもこのサイトに逸話がのってたような

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/10747-ec91c578
この記事へのトラックバック